トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

周りは太刀魚爆釣!でもこだわる穴子釣り

みなさん、こんにちは。


今日は三連休最後の日。

二十四節気では、『寒露』のはじまり。
秋の夜長、夜の内降りた露が冷たく感じられる頃です。

全国的に穏やかな天気で、釣りに出かけている方も多いと思います。

日中の日差しさえなんとかできれば、過ごし易い一日になりそうですね。



今回もちょっと時間が経ってしまったのですが、先月9月19-20日の釣行報告です。

場所は、和歌山市青岸。

第2のホームグラウンドになっている場所です。


狙うのは、穴子。

夜釣りでマアナゴとクロアナゴ両方を狙います。



自宅を出たのは、午後5時頃。

途中、奈良のスーパーでキビナゴとヒイカ(小型のイカ)を購入。

和歌山インター近くのエサ屋さんで、青イソメを購入。

今回は、この三つをエサにします。


現地に到着したのは、午後7時を少し回っていました。

すぐに気が付いたのは、台風21号の被害と思われる荒れ様。

何故こうなる?と思うような道路の凸凹。

あちらこちら酷い有様でした。


そして、とっくに日が落ちていましたが、沢山の釣り師で一杯でした。

うっかりしていました(^_^;)

太刀魚釣り全盛期ですもんね。


当初予定していたテトラ帯近くのポイントは、ゲートで封鎖されており(それでもゲートを動かして車で進入、釣りをしている人が数人(+_+))、仕方なくそこから東に100m位の空いている場所に陣取りました。




今回3種類のエサがあるので、竿も3本出します。

キビナゴと青イソメは、そのままハリに付けて仕掛けを際に落下させる。

IMG_2247.jpg


ヒイカは、捌いて1x2cm程度の短冊にします。


間もなくして最初に釣れたのが20㎝程度のゴンズイ

IMG_2224.jpg

今回は、ゴンズイもキープです。

毒棘3か所を含む頭部と内臓を落として、クーラーボックスへ。


後にゴンズイ2匹を追加して、午後10時を回って釣れたのが、お馴染みのガッシー

IMG_2236.jpg

20㎝に満たないので、リリースです。



ところで周りの様子ですが、

太刀魚釣り師で一杯の釣り場。

当然両サイド共に太刀魚釣り師に挟まれたポジションです。

左側は、投光器を煌々と焚いて、小魚を追って集まってくる太刀魚をジャンジャン釣ってました。

右側は、数グループ入れ代わり立ち代わりの状態でしたが、それでも太刀魚ボーズのグループは全く無かったようです。

大きさは、指2~2.5本という感じで小型中心、これからサイズも少しずつ大きくなって面白いかもしれません。



で、穴子釣りはというと、

一回目のチャンスは午前0時を少し過ぎた頃。

置き竿の穂先がグアングアン暴れています。

慌てずに、竿を持って大アワセ!

掛かったー!

けどメッチャ重い!!

長物がクネクネ暴れている時の特有の引き。

大型穴子を確信しました。


なんとか水面付近まで巻き上げ、玉網を手にした瞬間、



プチッ!!

○| ̄|_


やってもうた・・・・・(T_T)


逃がした獲物はデカい・・・


それに、このポイントはテトラ帯からも離れているし、あまり釣れる気しないし。

今回唯一のチャンスだったのでは・・・・と意気撃沈。



その後、ゴンズイを一匹追加するものの、しばらく沈黙。

一方太刀魚釣りの方は、コンスタントに早朝までずっと釣れていました。

周りが釣れているのに、自分だけ釣れない状況、かなりキツイです(^_^;)

対象魚が違うし・・・・と思ってみても、慰めにしかならない。



午前4時を過ぎた頃には、諦めの境地に入ってました。

が、

もうすぐ午前5時になろうという頃に、またチャンスはやってきました。


竿先が軽く沈むような前アタリ!

竿を構えます。

竿先が動くもののしばらく我慢。

最初の前アタリから10秒程してから、グイッと引き込む本アタリ!

大アワセを決め、長物の引きを確認。

先のような重量感は無いものの、まあまあの引きです。

難なく、玉網に収まったのは、

70㎝のマアナゴ\(^o^)/

IMG_2272.jpg


よかった~(^_^;)

一匹でもボーズと比べれば、天と地ほど差があるわ。

市場や鮮魚店で売っているマアナゴより一回り二回りは大きいサイズ。

高級魚の『伝助穴子』を呼ばれるサイズです。


重量感は、先ほど逃した穴子の半分位。

ということは、逃した穴子は90cm程度のクロアナゴだったのだろうと推測。



最後に、ガッシーをもう一匹追加(リリースサイズ)して納竿としました。

IMG_2274.jpg



午前6時前、少し明るくなるこの頃には太刀魚釣り師の多くが引き上げていました。

IMG_2277.jpg



【2018年9月19-20日和歌山市青岸 釣果】

・マアナゴ x 1匹
・ゴンズイ x 4匹
・ガシラ(カサゴ) x 2匹(リリース)



次回は、穴子とゴンズイの料理編です。


CFマスター
このエントリーをはてなブックマークに追加

1回目偵察、2回目本番、準備万端!でも釣果は・・・(小鮒釣り)

みなさん、こんばんは。



先日8月25日(土)、久しぶりに京田辺に行く用事があり、そのついでに例の釣り場の偵察をしてきました。

小鮒ちゃんの姿を見るための釣り場偵察です。

川のポイントは、先客がいたので、その近くの用水路(マス)でちょっとだけ竿を出してみました。

こんな感じのところ。

P_20180825_112940.jpg

マスはその機能を果たすために少し深くなっています。

それでも底まで見える程度の深さ。

小魚が沢山いるのがわかります。


持っていったエサは、何年も前に買ったグルテンと人口エサ。

人口エサは鮮度が落ちたせいか、食いつきが悪く見向きもされない。

で、すぐにグルテンにスイッチ。


そのグルテンは、タモロコの入れ食い・・・・

といってもハリが大きかった(フナ3号)ので、掛からない(^_^;)

仕掛けを投入して、速攻でグルテン奪取され、また仕掛けを投入して、の繰り返し。


30分ほどしてやっと掛かったのは、人生初メダカ(≧◇≦)

P_20180825_124412.jpg

網ですくったことはあっても、釣ったのは初めてです。

たまたまハリ掛りしたようです。


その後、運悪くハリに掛かったタモロコを追加して終了。

P_20180825_130649.jpg

1時間ではせわしない(^_^;)


偵察の結果としては、
・(釣りのできなかった)川は水の量等のコンディション良し。
・用水路のマスでもエサを赤虫にして、ハリをもう少し小さくしたらならなんとかなる。
ことが分かったので良しとした。



で、日が変わって、




8月30日(金)
この日は本番です。
赤虫のエサも調達して万全の体制で臨みました。


出発は少し出遅れて、現地に到着したのは午前11時頃。

平日のためか、川のポイントが空いています。

IMG_2186.jpg

IMG_2183.jpg

タナゴらしき魚がたくさん居ます。

一匹底で死んでいるので、朝先行者が居たのかもしれません。

IMG_2185.jpg


予め作っておいた仕掛けをのべ竿にセットして、赤虫を付ける。

到着して、5分後には仕掛けを投入していました。


上から魚を見ながらの「見釣り」です。

魚はたくさんいるのですが、これがなかなか掛からない。

カンカン照りの11時、時間がよくありません。

魚達の食欲は旺盛とは言えません。


それでもポツポツと色んな魚が掛かりました。



IMG_2188.jpg


2匹目に釣れたのは、お待ちかねの小鮒ちゃん

IMG_2189.jpg


ここでは初めて釣ったニゴイ

IMG_2192_20180901175316c54.jpg


カネヒラ(タナゴ)のメス

IMG_2193.jpg

口が小さいので、鮒針2号でもなかなか掛かりません。


今ではどこにでもいるブラックバス

IMG_2194.jpg


多分これも人生初となるカマツカ

IMG_2203.jpg


カネヒラ(タナゴ)のオス

P_20180830_152031.jpg


どれもこれもミニチュアサイズです(*^^*)

IMG_2207.jpg


カネヒラ雄・雌・鯉がそれぞれ2匹、後は全て一匹ずつ。
(水換えの時、カネヒラ雌一匹に逃げられましたので写真では数量少ないです)
IMG_2210.jpg

数は釣れませんが、沢山種類釣れて面白かった(*^_^*)


午後四時過ぎ、一旦全てリリースして、例のマスに入る。

P_20180830_171000.jpg

ここでは懸念してことが現実になりました。

エサが赤虫でもタモロコに速攻奪取され、釣れません(≧◇≦)

グルテンより少しマシで、ポツポツとタモロコが掛かる程度。

小鮒釣りに来たのに、これではツマラナイ・・・・


で、ちょっと一息いれることにしました。

一息と言っても休むのではなく、

表層にいるメダカさん達に相手してもらうことにしました(^_^;)

めずらしく動画を撮りましたのでご覧ください。



メダカの口にハリ掛かりはしないのですが、エサを頬張ったメダカが入れ食いで釣れます(*^^*)

竿を少しちょんちょんと動かすと外れます。


メダカに遊んでもらったのはいいけど、もうあまり時間もありません。

タモロコには苛立ちを感じつつも焦りが強くなってきます。

かといって、マスの中のどのポイントに仕掛けを投下しても速攻でタモロコの餌食になります。


もう手が無いので、ひたすら仕掛けをなんども手返しよく投入するしかできません。

で、もう諦めかけたころ、タモロコの派手なアタリとは少し違う控えめなアタリが!

すっと合わせると小気味よい引きをみせてくれた後に上がったのが、

P_20180830_171817.jpg

可愛い小鮒ちゃん(^O^)/

小鮒は小さければ小さいほど、嬉しい。

川で釣った個体より一回り小さい。

最後に嬉しいプレゼントを頂いた気分(*^_^*)



小鮒は群れでいるから、もっと釣れるはずなんだけど・・・・

タモロコが大人しくしてくれないと、底でエサを地味に食べる鮒のところにはエサが届かない。

なかなか難しいな・・・・

IMG_2220.jpg

このマスのポイントで釣れたのは、タモロコ5匹、クチボソ(モツゴ)1匹、そして小鮒1匹でした。


P_20180830_174848.jpg

片付けがあるので、日が暮れる前に納竿しました。



【2018年8月30日京都府京田辺 釣果報告】

・小鮒 x 2匹
・鯉 x 1匹
・タナゴ(カネヒラ) x 4匹
・タモロコ x 5匹
・モツゴ(クチボソ) x 1匹
・ニゴイ x 1匹
・カマツカ x 1匹
・ブラックバス x 1匹
・メダカ x 数匹
計9目の釣果でした。

※偵察分含まず


※用水路での釣りは、農作業の進捗等により水量が大きく変わってきますので、水が少なくて釣りにならないことがあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2回目の真備町

みなさん、こんにちは。


2018年8月18・19日
また災害ボランティア活動に参加してきました。

場所は、前回と同じ倉敷市真備町。

洪水による浸水被害を受けた地区です。

前回(2018年7月26日)見た街中いたるところに積み重ねられた家具や家電などの家財の山は、大きな集積場に集められ、復旧の進捗が見られました。


ところが今回作業を行ったお宅は、まだ家財の運び出し途中。

事情があって対応が遅れたようです。

被災したお宅
(プライバシー保護のため写真加工しています)

浸水した家財は全て廃棄、住宅も全損扱い、解体するとのことでした。

床上浸水も2階まで及ぶと大変な被害です。

ひたすら家財を屋外に運び出す作業を行いました。



幸い、住人であるご主人さんは健在で、釣りが趣味であるようでした。

濡れた魚拓が寂しく残っていました。

コロダイ魚拓
(プライバシー保護のため写真加工しています)




9月に入ってから、秋雨前線の大雨、そして台風と心配の種はつきません。

どうか、被災された方に追い打ちをかけるようなことにはなりませんように・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ開設10周年記念

みなさん、こんにちは。


時間が無いわけではないのですが、最近というか、ここずっとというか、ブログを書こうという気力が湧きません。

もはや、何のためにこのブログをやっているのか、継続しているのか、分からなくなっているから・・・なんだと思います。


でも、何ねんも・・・・・・

っていうか、確認してみたら・・・

もう10年もやってるんだ!Σ(゚д゚|||)


知らなかった・・・・(^_^;)


記事の数は大したことないけど、

飽き性の自分が10年も続けていることについては、自分を褒めてあげたい(^O^)


ブログをやっているってことは、表にでる記事を書くという行為だけでなく、日常生活の思考パターンに「ブログに書く・書かない」という要素が加わる。

投稿間隔が空いてしまえば、「そろそろ書かねば・・・・」とプレッシャーになるし、

釣った魚の写真撮影だって、ブログ(+SNS)をやっているからこその作業。

沢山の記事を書くのは大変な作業。

そして、長く続けるのも実は大変なことではないか、とも思う。


時には楽しく、

時には重荷になる、

そんな「ブログを継続する」っていうことを

今後も細々とやっていきたいと思います。

これまでのご愛顧誠にありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

災害ボランティアとたった3匹のキス料理

みなさん、こんばんは。


またまた放置ブログになってしまいすみませんm(__)m

いろいろあって、今月は一度も釣りに行けてないんです ○| ̄|_


それは兎も角、

西日本にお住まいの方、豪雨災害ありましたが、大丈夫でしたか?

「災害」と言ってもいいようなレベルの酷暑、大丈夫でしたか?

台風12号被害ありませんでしたか?

もちろん、災害は日本だけではありませんが、日本って本当に災害が多い国ですね(-_-;)



7月26日(木)奈良市が主催する災害ボランティアバスに乗って、日帰りボランティアしてきました。

場所は、岡山県倉敷市真備町。

川の堤防が決壊して、広範囲に渡って浸水した地区です。

真備町現地の様子s

深い所では、5m30㎝以上にもなった浸水被害。

どのお宅も1階部分は全滅、2階部分でもかなり被害が出ている感じでした。

自衛隊の災害支援車両s

災害発生後まだ日も浅いことから、至る所で災害支援にあたっている自衛隊員の姿が見えました。

そしてあらゆるところに住宅内から運び出された家具や家電、畳(廃棄せざるをえなくなった物)などが積み重ねられている悲惨な光景が目につきました。


わたしが所属した班が行った作業は、住宅敷地内に堆積した土砂をひたすら運び出す作業。

単調な作業ですが、酷暑の中、非常にシンドイものでした。

それでも被災した依頼者の方に喜んでもらえて、良かったと思っています。

真備町の復旧作業ははじまったばかり、まだまだ多くの人手と時間がかかりそうです。

わたしは、8月中旬にも再度真備町に向かう予定でいます。


そして、勿論真備町だけでなく、西日本の多くの場所で災害が発生し、多くのボランティアが活動しています。

もし、ここをご覧の方で「災害ボランティアに参加してみたいけど、どうしたらいいか分からない」、という方がいらっしゃったら、コメントくださいませ。できる範囲で説明させていただきます。





さて、変わって、キス料理の話です。

7月、仕事ついでの釣行でゲットしたキス3匹の料理編をまだ書いていませんでした。

たった3匹ですけどね(^_^;)

和歌山市加太港のキス

P_20180615_185100.jpg

キスって、現場で頭を折って絞めるのですが、この時のキスは何もやっていません。

経験上、絞めても絞めなくても当日さばく分にはあまり変わらないこと知っています。



1品目、キスの身を使って刺身を作りました。

P_20180615_192413.jpg

キスの量がショボイので、ツマなどで豪華にみせよう・・・・と思ったのですが、なんだか残念な感じになってしまいました(^_^;)

それと、前回の刺身盛り合わせを作った際、それを見たある方から、「あなたは刺身の盛り方をしらないですね」とコメント頂き、ムカッと来たので、既成概念にとらわれない刺身の盛り方をしようと反発したのが、結果的に良くなかったみたいです(≧◇≦)

でも、味は・・・言うまでもないですね(*^^)v



そして、もう一品は、頭と中骨と皮を使って、

キスアラ&野菜炒めのどんぶり飯

P_20180620_074813.jpg

キスアラはそれぞれ素揚げにして、それを野菜・チキンと一緒に炒め、丼飯にしたもの。


え?キスはどこにあるの、って?



ええ、キスの存在感ほとんどないですけどね(≧◇≦)


アラ料理は、味は重要だけど、それ以上に重要なのは、そもそも捨てずに使うこと!

だから、なんかよく分からない料理になってもいいのであ~る(バカボンパパ風)



久しぶりの投稿が、こんなショボイ料理になってしまい申し訳ありませんm(__)m


次回は、超大作!!!!


来るかも!


んなわけないか(*´з`)


CFマスター

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーのタグ: 災害ボランティア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1390位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
206位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事