トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

大晦日投稿第二弾! 奥が深いアニサキス研究

アニサキス研究、実はまだやっています。

一時期世間の関心を集めたアニサキスですが、まだまだ分からないことばかりです。

魚介を食べる上での対策方法については、ご存知の通り、特に難しいことはありません。

詳しくは、こちらにまとめています。
⇒ 決定版!寄生虫アニサキス対策法~症状、治療、予防、調理時対策等

その研究を行う過程で大量のサバを食べ、大量のアニサキスを短期間で食べたせいかどうか、アニサキスに対してアレルギーを持ってしまいました。

サバ、秋鮭、スルメイカ、タラなどのアニサキスが多い魚介は、よっぽどの「アニサキスはいない」という確信がないと食べられなくなりました。 万が一死んでいるアニサキスでも食べてしまったら、アニフィラキシー症状が出るからです。

魚介好きのわたしにとっては死刑宣告(大袈裟だな(^^;))に近いことです( ;∀;)


そうなれば、そもそもアニサキスが居ない魚介ってなんだろう?

との疑問から少しずつ調べていけば、意外と沢山の魚介がアニサキスフリーまたは滅多にいない、ということが分かってきました。

そしてわたしのようにアニサキスを警戒すべき人のために、調べてきた情報を公開しました。

⇒ アニサキスが心配な人でも食べられる魚介類を一挙公開!



実験を行う過程で、いろいろな産地のサバを購入して捌いているのですが、実は産地でも多い少ないがあります。

寄生宿となる魚のサイズも関係してきます。

市場で買うような大きなサバでなく、漁港で釣れるような小さ目の固体ならどうなのか?

なので、前回の釣行(10月末)で釣れた小サバ(10数匹)、マイワシ(90匹)でもアニサキス調査を行いましたが、結果一匹も見つけることはできませんでした

現時点では統計データを出すだけの実験ボリュームはありませんが、更に実験を続けて行けば、同じサバでもリスクの高い・低い、産地・サイズが分かってくると思います。


これからも地味~に研究を続けていきたいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1345位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
206位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事