トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

周りは太刀魚爆釣!でもこだわる穴子釣り

みなさん、こんにちは。


今日は三連休最後の日。

二十四節気では、『寒露』のはじまり。
秋の夜長、夜の内降りた露が冷たく感じられる頃です。

全国的に穏やかな天気で、釣りに出かけている方も多いと思います。

日中の日差しさえなんとかできれば、過ごし易い一日になりそうですね。



今回もちょっと時間が経ってしまったのですが、先月9月19-20日の釣行報告です。

場所は、和歌山市青岸。

第2のホームグラウンドになっている場所です。


狙うのは、穴子。

夜釣りでマアナゴとクロアナゴ両方を狙います。



自宅を出たのは、午後5時頃。

途中、奈良のスーパーでキビナゴとヒイカ(小型のイカ)を購入。

和歌山インター近くのエサ屋さんで、青イソメを購入。

今回は、この三つをエサにします。


現地に到着したのは、午後7時を少し回っていました。

すぐに気が付いたのは、台風21号の被害と思われる荒れ様。

何故こうなる?と思うような道路の凸凹。

あちらこちら酷い有様でした。


そして、とっくに日が落ちていましたが、沢山の釣り師で一杯でした。

うっかりしていました(^_^;)

太刀魚釣り全盛期ですもんね。


当初予定していたテトラ帯近くのポイントは、ゲートで封鎖されており(それでもゲートを動かして車で進入、釣りをしている人が数人(+_+))、仕方なくそこから東に100m位の空いている場所に陣取りました。




今回3種類のエサがあるので、竿も3本出します。

キビナゴと青イソメは、そのままハリに付けて仕掛けを際に落下させる。

IMG_2247.jpg


ヒイカは、捌いて1x2cm程度の短冊にします。


間もなくして最初に釣れたのが20㎝程度のゴンズイ

IMG_2224.jpg

今回は、ゴンズイもキープです。

毒棘3か所を含む頭部と内臓を落として、クーラーボックスへ。


後にゴンズイ2匹を追加して、午後10時を回って釣れたのが、お馴染みのガッシー

IMG_2236.jpg

20㎝に満たないので、リリースです。



ところで周りの様子ですが、

太刀魚釣り師で一杯の釣り場。

当然両サイド共に太刀魚釣り師に挟まれたポジションです。

左側は、投光器を煌々と焚いて、小魚を追って集まってくる太刀魚をジャンジャン釣ってました。

右側は、数グループ入れ代わり立ち代わりの状態でしたが、それでも太刀魚ボーズのグループは全く無かったようです。

大きさは、指2~2.5本という感じで小型中心、これからサイズも少しずつ大きくなって面白いかもしれません。



で、穴子釣りはというと、

一回目のチャンスは午前0時を少し過ぎた頃。

置き竿の穂先がグアングアン暴れています。

慌てずに、竿を持って大アワセ!

掛かったー!

けどメッチャ重い!!

長物がクネクネ暴れている時の特有の引き。

大型穴子を確信しました。


なんとか水面付近まで巻き上げ、玉網を手にした瞬間、



プチッ!!

○| ̄|_


やってもうた・・・・・(T_T)


逃がした獲物はデカい・・・


それに、このポイントはテトラ帯からも離れているし、あまり釣れる気しないし。

今回唯一のチャンスだったのでは・・・・と意気撃沈。



その後、ゴンズイを一匹追加するものの、しばらく沈黙。

一方太刀魚釣りの方は、コンスタントに早朝までずっと釣れていました。

周りが釣れているのに、自分だけ釣れない状況、かなりキツイです(^_^;)

対象魚が違うし・・・・と思ってみても、慰めにしかならない。



午前4時を過ぎた頃には、諦めの境地に入ってました。

が、

もうすぐ午前5時になろうという頃に、またチャンスはやってきました。


竿先が軽く沈むような前アタリ!

竿を構えます。

竿先が動くもののしばらく我慢。

最初の前アタリから10秒程してから、グイッと引き込む本アタリ!

大アワセを決め、長物の引きを確認。

先のような重量感は無いものの、まあまあの引きです。

難なく、玉網に収まったのは、

70㎝のマアナゴ\(^o^)/

IMG_2272.jpg


よかった~(^_^;)

一匹でもボーズと比べれば、天と地ほど差があるわ。

市場や鮮魚店で売っているマアナゴより一回り二回りは大きいサイズ。

高級魚の『伝助穴子』を呼ばれるサイズです。


重量感は、先ほど逃した穴子の半分位。

ということは、逃した穴子は90cm程度のクロアナゴだったのだろうと推測。



最後に、ガッシーをもう一匹追加(リリースサイズ)して納竿としました。

IMG_2274.jpg



午前6時前、少し明るくなるこの頃には太刀魚釣り師の多くが引き上げていました。

IMG_2277.jpg



【2018年9月19-20日和歌山市青岸 釣果】

・マアナゴ x 1匹
・ゴンズイ x 4匹
・ガシラ(カサゴ) x 2匹(リリース)



次回は、穴子とゴンズイの料理編です。


CFマスター
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1936: by だんご on 2018/10/10 at 20:51:09

この日 うちのパパも尾鷲に釣りに行ってました
マスターさんも休日に釣りを楽しんだんですね

ゴンズイってこんなに大きいサイズが釣れるんですね
凄いなぁ
そしてでっかいマアナゴ!
やりましたねっ
どんなお料理になるのか楽しみです

捌くとまた まな板に穴が・・笑
私的には骨を揚げたのを頂きたいですっ

太刀魚って美味しいんでしょうか
私食べた事がありません


パパはツバスをアホほど釣ってきました
こいつー・・怒
あちこちに頭下げて貰って頂きましたが
家で刺身にしたら美味しかった
スーパーでもメジロが一杯売られていました
今 シーズンなんでしょうかね

1937:だんごさん by CFマスター on 2018/10/11 at 13:44:38 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

ご主人の釣果はいつもスゴイですね~
短期でよい腕前になったところを見ると、ご主人の資質はもちろん、同行されている方が良いのかもしれませんね。

20㎝位のゴンズイですが、このブログに登場する夜に釣れるゴンズイは大体この位のサイズです。
大きい分、数が少ないのが残念なのですがv-409

マアナゴはもちろん完食済です。
もちろん骨の素揚げもv-392
今回はあまり冒険しませんでした。
でも大型でも骨切りすれば、骨のストレスもなく食べられることが分かったので、収穫はありました。

そして、まな板には穴が・・・・v-408
でも今回気が付いたのですが、まな板につけた目打ちの穴って、抜いた後ほとんど目立たなくなります。
まあ、500円の安いまな板なので、どっちにしてもあまり気にしていませんがv-408

太刀魚美味しいですよ~
でも今回釣れていたサイズ(指2-2.5本)では、そもそも平べったい魚なので、食べる部分が少なくて、イマイチですね。
指4本位になると食べ応えあっていいのですが。

ツバスいいですね~
いつも思いますが、ウロコ取り、頭・内臓落とし、位の下捌きはご主人がやったらいいのに。
あ、でも隣でワイワイ言う奥さんがいたら嫌かな?v-411

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
179位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事