トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ちびっこランド

みなさん、こんばんは。



前回の記事でご紹介した魚醤・ナンプラーですが、旨みがあって非常に美味しいものでした。

イワシの身を使わなくてもアラだけで美味しい魚醤ができるなんて嬉しいですね。

その魚醤ですが、早速いろいろな料理で活躍中です。


例えば、グリーンカレー

IMG_1717.jpg


タイ風玉子焼き

IMG_1720.jpg

等々。

出汁を入れなくても魚醤だけでいい味が作れるのですよ。


実は、今回の魚醤作りで気を良くして、また新たな魚醤作りを開始しました(*^^)v

いずれ、こちらで紹介させていただきますね。





さて、本題です。


10月26日(木)

和歌山市加太港に行ってきました。

今回は、カラスミを作りたい!という思いから、ボラを沢山釣りたかったのですが、その思いとは全く違う釣果になりました(^_^;)



いつものように、午前5時頃奈良を出発。

途中エサを購入して、加太港広場裏に到着したのは、午前7時を少し回っていました。

幸い定位置が空いていたので、そこに陣取る。

私の定位置の近くをいつも定位置としている耳の遠い爺モティに大声で挨拶。

P_20171026_073110.jpg

反対側を見ると、珍しく中年女性が一人でサビキ釣り↑をしています。

過去、その港の地元ばあさんが、一人で海釣りしているのを見た事がありますが、女性が一人で釣りをする光景は滅多に見られません。

安全面から見てもあまりお薦めできませんしね。

一応トラブル等ないか近くで気にしてはいましたが、特に問題もなく、昼過ぎには帰っていかれたようです。

(後に分かりましたが、大阪ナンバーの車で来られていました)



さて、

こちらの釣りはウキフカセ釣りです。

エサはこんな感じ。

P_20171026_073054.jpg

ボラを意識して、チヌ用の集魚剤でなく、グレ用を使ってみる。


刺しえさは、いつものボイルオキアミと今回初めて使う生ミック。

P_20171026_073101.jpg

以前ブロ友さんからお薦めされたことを覚えていて、偶々エサ屋さんで目に入ったので、使ってみることに。

この生ミック、昔からある餌なのですが、使うのは今回が初めてです。


撒きえさは、ミックスライスとグレ集魚剤に加え、ボラを意識してヌカを混ぜ混ぜ。

P_20171026_082031.jpg




撒きえさを作っている時に、気が付いていたのですが、例の女性の更に奥でウキフカセ釣りをやっている男性が、やたらヒュンヒュンと竿を鳴らして、釣れているみたいなんです。

今日は活性がいいのか!?

と期待が高まる。


午前8時近くに、撒きえさ投入開始。

そして、オキアミを付けて棒ウキ仕掛け投入。

すると数投目に、アタリ。

P_20171026_083601.jpg

早速ちびっこチヌゲット。

とりあえず、スカリに入れキープ。

帰るときに、20㎝以上を選別して持ち帰ることにする。



そして間髪を入れず、ちびっこヘダイゲット。

P_20171026_084251.jpg



最初は小さなサイズから始まって、次第にサイズが大きくなっていくのが、この手の釣りなのですが、この日は終始サイズアップしませんでした(≧◇≦)

その後もちびっこヘダイを中心に、時々ちびっこチヌが混じるような形でジャンジャン釣れ続ける。


オキアミ・『生ミック』、両方で釣れるのですが、感覚的には、(今回の釣行に限って言えば)オキアミより生ミックの方が、食いつきは良かったです。
時期的なものもあるかもしれません。
今後も何回か使ってみたいと思います。



そして、外道ちゃんとしては、

コトヒキ

P_20171026_094159.jpg

この場所でコトヒキを釣ったのは初めてです。

勢力拡大しているのでしょうか・・・・


キス

P_20171026_110710.jpg

まあまあのサイズです。

一匹でもキープします。


あとは、写真を撮り忘れたアジが少し。






午後6時頃、日が沈みウキが見えなくなってきたので、片づけ開始。

P_20171026_171316.jpg



今日はちびっこランドでの釣りでした・・・・

P_20171026_172918.jpg

沢山のヘダイがいますが、この写真に写っているヘダイは全て20㎝未満なのでリリース。

P_20171026_173206.jpg

チヌのサイズは21-22cm位で一応キープ。
(一匹だけ19㎝でリリース)



最後の最後に片付けつつ、悪あがきで投入してた仕掛けにアタリあり。

大物か!

と期待したものの。

安定の外道、フグちゃんでした(^_^;)

P_20171026_182819.jpg




【2017年10月26日(木)和歌山県加太港釣果】

・チヌ 9匹 (内8匹持ち帰り)
・ヘダイ 32匹 (内1匹ハリ飲み持ち帰り)
・アジ 3匹 (全て持ち帰り)
・キス 1匹 (持ち帰り)
・コトヒキ 1匹
・フグ 1匹 




ボラって、狙ってもなかなか釣れないんですよね・・・・

いらんときにバカスカ掛かることはあるのですが・・・

今年もカラスミお預けか・・・・?




次回は、料理編です。




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1832:釣行!お疲れさまでした。 by おっちゃん on 2017/10/31 at 18:19:09

CFマスターさん、こんばんは^^

結構な数ですね(驚)ほとんど休みなしで仕掛けが落ち着いたらアタリが出る感じでしょうか?
オッサンも釣り場の候補に入れさせていただきたいです^^;

エサの生ミックですが、やっぱり季節的なものなんでしょうかね?
オッサンがネリエを使った時のイメージは、オキアミだとすぐに取られるけどこれは持ちがイイのでチヌが来るまでの時間を持たせれるのが一つ。
あと、、、ネリエを大きくすれば大きい口の魚が釣れる(爆)とこんな感じで使っておりました^^;

これで行くとボラが連れてもおかしくない展開なのですが、、、今回は残念でしたね(>_<)
でもまだ釣れそうな勢いなんで年内にチャンスはまだあるかもですね!

1833:おっちゃんさん by CFマスター on 2017/10/31 at 19:37:28 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

今回は数だけですね・・・
これにサイズが加われば言うことないのですが、へっぽこ釣り師には難しい注文ですv-408
おっしゃるように、仕掛けが落ち着いたらアタリが出る感じです。

加太港の広場裏はそもそも人が少ないですし、平日なら、のんびりとできますので、是非一度お試しくださいv-392

生ミックは季節要因が大きいと思いました。
真冬のオフシーズンで使ってみて、はじめて評価ができると思います。
わたしの練り餌に対するイメージは、おっちゃんさん同様です。
実は、生ミックを大きくして付けてみたりしたのですが、釣れるのは全てチビッコでしたv-408

ボラって、よくわからない魚です。
沢山のボラを捌いていますが、胃の中に泥っぽいもの以外が入っているのを見た事ありません。
それなのに、オキアミとか普通のエサで掛かる時は掛かります。
年内もう一回位はボラを狙ってみたいと思いますv-392

1834: by だんご on 2017/11/01 at 22:07:50

「何でも連れる生ミック」
これ気になります
パパに教えなくては!笑

ボラってこの時期に卵を持つんですか?
からすみ・・ですよね
うちは・・無理だわ 

チヌ 大漁ですね
お料理編が楽しみです

1835:だんごさん by CFマスター on 2017/11/02 at 22:38:59 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

「なんでも釣れる」って、景品表示法?で引っ掛かりそうな表現ですねv-408
パッケージのデザインは古めかしいのですが、昔から永く愛されているエサ、ということは、そこそこ釣れるエサなんだと思います。
是非ご主人様にもご紹介くださいませv-410

ボラの産卵時期は、9月から1月といいます。
卵が入っていたらラッキー!
でカラスミ作ります。
チヌを釣っているとボラは外道として釣れることが度々あります。
ご主人は釣ってもリリースしているのかもしれませんね。
ニオイがあるので、現場で捌けないとチョット辛いです。

チヌ、というか、ヘダイが大漁でした。
季節的にチビッコが沢山釣れる季節なんですよね。
そして大物が釣れるかどうかは、腕の良し悪しがものを言うのだと思います。
そういう意味で、わたしはやっぱりヘッポコですv-406

今回の料理は大成功でした!
乞うご期待!

1836: by 白神 on 2017/11/06 at 20:32:32

大漁おめでとうございます。
小型とはいえこれだけ釣れる事は滅多にないですよね。チヌは案外これ位のサイズが塩焼きにするには一番美味しいと思います。

生ミック使われましたか。私はエサ取りが多い時に、生オキアミと比較して喰いが落ちないエサとして重宝しています。
よく釣れたのは単純にエサ持ちがよく、エサの特性上アタリが大きく出るからかもしれません。生オキアミが残ってくる状況下では、やっぱり生オキアミの方が釣れると思います。生≧生ミック>ボイルって感じです。冬季は知りませんが(笑)。

1840:白神さん by CFマスター on 2017/11/07 at 23:10:07 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

カシラ付きの魚まるまる一匹を味とビジュアルで楽しめるのは、おっしゃるように25㎝位のサイズがいいと思います。
ただ、チヌに関しては、【釣る>食べる】 と釣りに重点を置いているので、やはり大物が釣りたいですよv-408


以前、白神さんにお薦め頂いた生ミック、気にはなっていたのですが、今回偶々目についたので、使ってみました。
おかげ様で面白い釣りができました。
ありがとうございますv-221v-392

万能エサは無いし、釣れない時はなんぼやっても釣れないのは、これからも変わりありませんが、サブのエサとして使いやすい生ミックを発見できたのは、わたしにとって嬉しいことでしたv-410

これから寒くなってくると、厳しい釣りになりますが、生ミックがどれだけ活躍できるか、楽しみです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
144位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事