トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

【閲覧注意】 アニサキス対策実験

みなさん、こんばんは。



前回投稿してから1か月近くも経ってしまいました・・・

その間、何度も無駄足を踏ませてしまった方々、すみません。

そして、足跡を残してくださった方々、ありがとうございます。



前回のボウズ記事以降、釣りには行けていません(T_T)

2度もPBが続いてしまうと、すっかり意気消沈・・・・

寒いおもいしてまで釣れない時期(釣る人は釣っているけどね)に和歌山まで出向く気力が削がれてしまっています(^_^;)



そんな情けないことを言いつつ、来週には出撃しますけどね ( ̄∇+ ̄)vキラーン



さて、早速本題ですが、サバ好きの私にとっては天敵であるアニサキスについて、その対策実験を行いましたので、報告します。(※本内容は、ツイッター上で公開済のものです)

人によっては気持ち悪いと思われる画像もありますので、一応【閲覧注意】とさせて頂きます。



まずは、アニサキスとは何ぞや?という方のために、Wikipediaから引用します。
********引用ここから********
アニサキス(学名:Anisakis)は回虫目アニサキス科アニサキス属に属する線虫の総称で、海産動物に寄生する寄生虫である。ヒトにアニサキス症を発症させる原因寄生虫だが、ヒトへ感染するときには主にサケ、サバ、アジ、イカ、タラなどの魚介類から感染する。
********引用ここまで********

一般的には、『サバ虫』と呼ばれるぐらい、サバに多く寄生していることが知られています。

今回、そもそも実験を行う目的でサバを買ったのではなく、偶々買ったゴマサバを捌いたら、アニサキスを発見したので、それでは・・・と急遽始めたものでした。



写真のゴマサバは、地元のスーパーでキズモノとして安く売っていたものを購入。

P_20170218_175948.jpg

鮮度もそれほど良くありませんでしたが、身はしめ鯖(きずし)にして食べました。

アラは一度焼いてから、味噌汁に(*^^*)


で、アニサキスですが、内臓を取り除いたら、すぐに2匹発見。

アニサキス発見(内臓除去後)
(写真をクリックすると大きな画像が開きます)


大きさはこの位↓

IMG_1168.jpg

写真では丸まっていますが、伸びると1㎝位あります。

こいつが生きたまま人間の胃に入ると、胃壁を突き破ろうとして、激痛が走るというわけです。

小さいのに恐ろしいやつ・・・ (i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ



それでは実験内容を説明します。

1.日時: 2017年2月18日~19日
2.目的: アニサキスは酢に漬けても死なないと文献では説明しているがそれは正しいか検証する。
3.背景: そもそも火を通したり、冷凍カチカチにしたサバを食べる分には全く気にする必要のないアニサキス。ところが新鮮なサバを自分で捌いて、しめ鯖で食べたいという私みたいな人間にとって、アニサキスは天敵なのです。この天敵をやっつけ、安心してしめ鯖を食べるにはどうしたらよいか?実際の実験を行って、一般的に知られている対処法を検証していく。今回の実験は、その一環として行いました。(後付け理由)

とまあ、当初アニサキス検体が2匹だけだったので、酢に漬けて死ぬか見てみよう、という軽い気持ちで始めた実験だったのですが、台所の片隅で水切りをしていた内臓からドンドン出てくる出てくる!(≧◇≦)

結局見つけたアニサキスの数は、計13匹。

内、検体として使ったのは、11匹。


となると酢に漬ける単一目的で全て使うのはもったいない感じがします。

なので、追加で「料理酒」と「醤油」の二つをアイテムに追加しました。

P_20170219_003940.jpg


整理しますと、

アイテム(調味料)毎の検体数

 ・酢 3匹
 ・料理酒 6匹
 ・醤油 2匹
 計11匹

それぞれの調味料にアニサキスを漬け、何時間後に死ぬか見ました。


【実験結果】

 酢: 6時間後 → 全て健在
    12時間後 → 1匹死亡、2匹かなり弱った状態

 酒: 1時間後 → 全て死亡
    (漬けて10分程で動きが緩慢になり効果を確認)

 醤油: 1時間後 → 1匹健在、1匹死亡
      6時間後 → 全て死亡

この実験結果から推定されることは、
1.酢は、アニサキスに対して殆ど効果が無い。
  但し、栄養分の無いところでは長く生きられない。
2.料理酒は、明確に効果がある。(但し、しめ鯖作りには使わない(-_-;))
3.醤油は、検体不足の為、更なる実験が必要なるも酢に比べて効果がある可能性が高い。


<絶命後の検体>
IMG_1173.jpg


今回の実験では、少なくとも「酢はアニサキスに全く効果が無い」ことがわかりましたので、大変有意義なものでした。

次回実験は、しめ鯖作りで使う調味料および食べる時に使うものに絞って実験する予定です。
(みりん、砂糖水、醤油、ワサビを溶かした水)





CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1718: by ギーザーツジモト on 2017/03/17 at 10:22:18

マスター様お久しぶりです、回虫恐ろしい奴です。
サバは家族皆大好きですが、スーパーの売り物は
本当に不味いですね・・・
中々食べれなくなった魚です。
小鯖は持ち帰りフライにして食べてます。

しめ鯖も美味ですが夫婦老眼で中々見落としてしまいそうです。
かなり薄切りしないとやられそうです。
定番の焼きサバ生姜醤油ですね。

1719: by だんご on 2017/03/17 at 10:46:27

アニサキス、こんなに小さいんですね
私は見落としそうです 汗
酢では死なない!だから胃の中でも平気なんですね
醤油とお酒が効果的という事は、、
お刺身を醤油で頂きつつお酒を飲めば完璧、、? 笑

でも醤油って凄いですね
お酒は、、百薬の長、、笑



1720: by ごんやま on 2017/03/17 at 12:13:17

マスターさん、ご無沙汰です!

アニサキスこんなに居てるんですね。

ボクはきずしを作るときは
合わせ酢に酒とみりんを入れてますが
足りませんよね~!

最初のふり塩を流すのに酢を使ってましたが
酒で洗おうかな~!

1721:ギーザーツジモトさん by CFマスター on 2017/03/17 at 16:31:48 (コメント編集)

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

回虫恐ろしいですね・・・v-404
一部虫類にもありますが、その「存在意義」が分からない(知らないだけかも)生き物って、なかなかリスペクトできないですよね。
実際は、生態系において重要な役割を負っているのでしょうが・・・

わたしは大きなサバを釣るような釣りをしないので、食べたければ買ってくるしかありません。
防波堤で釣れる小鯖でも美味しいですけどねv-410

新鮮な鯖なら、しっかり捌けば、ほとんどのアニサキスは除去できると思います。
横隔膜の外側で見たことは、私自身一度もありませんし。
そして、おっしゃるように、薄切りにするのも手ですね。

アニサキス恐ろしい生き物ですが、今回のように実際の実験データをもって、対処法を検証できれば、必要以上に恐がることも無いと思いますので、もう少し実験を続けてみる予定ですv-392

1722:だんごさん by CFマスター on 2017/03/17 at 16:44:09 (コメント編集)

いつもコメントありがとうございます。

アニサキスは小さな回虫ですが、いる場所によっては、すぐに発見できます。
最初に見つけた2匹は、写真の通り、一目瞭然でした。
その他の11匹は、内臓から出てきたものなので、これはわかりませんねv-393
でも内臓を生で食べることはないので、そもそも心配する必要はありませんv-392

今回の実験結果、わたし的には「醤油」は気持ち程度の効果かな、と見ています。
お酒の様に、もっと即効性が無いと安心できませんよねv-409
その意味では、次回予定の「みりん」と「わさび水」は期待大大ですv-363

おっしゃるように、しめ鯖を醤油をつけて食べ、それをアテとして、酒を飲む。←これって一石二鳥ですよねv-411

1723:ごんやまさん by CFマスター on 2017/03/17 at 16:59:36 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

今回のゴマサバ・・・虫一杯飼ってましたねv-408
まだわかりませんが、実は普通にこれ位いるのかもしれません。
内臓までチェックしませんから。

きずし・・・時々メチャ旨そうなのを作って、Facebookにアップされてますよねv-410
合わせ酢、酒、みりんですか・・・
今回、酢は効果が無いことがわかりましたが、お酒は逆に効果があることがわかりました。
そして未実験ですが、お酒と同じ位アルコール度数があるみりんも効果があると見ています(実験待ち)。
であれば、ごんやまさんが作るきずしは、かなりアニサキス対策が出来ていることになりますねv-392

ちなみに、貧乏人のわたしが使う「みりん風調味料」はアルコール度1%未満で、恐らくほとんど効果が無いものと気が付きましたv-408
次回から、きずしを作る時は、本みりんを使うようにしますv-221

塩を流すのは一瞬なので、そんなに拘らなくてもいいのではないでしょうか。
わたしは普通に水道水で流していますv-218

1724: by agriotome on 2017/03/17 at 22:55:47

こんばんは。

貴重な実験、有難うございます。
「しめサバ」怖いですね。
実際こんなにアニサキスがいるのですね~。
お酒と一緒に頂いたがいいでしょうか?

1725:agriotomeさん by CFマスター on 2017/03/18 at 12:28:09 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

「しめサバ」は怖くないですよ。
怖いのはアニサキスですv-408
誤解してほしくないのですが、しめ鯖を作る行程において、いくつもの虫対策を行います。
内臓を落とし、腹骨(横隔膜含む)を削ぎ取るだけでもほとんどのアニサキスは除去できるんです。
新鮮なサバのみを使う、というのも対策法の一つ。

私が行う実験は、安全にしめ鯖を食べる為に、作る行程においてどこがポイントになるか、一般的に知られていることを検証するものです。
市販のしめ鯖やポイントを押さえて作るしめ鯖は、ほぼ安全に食べられるものですv-392

ただ、更に完璧を期すために、お酒を楽しみながら食べるというのもアリだと思いますv-410

1726:管理人のみ閲覧できます by on 2017/03/21 at 19:34:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1727:なるほどー by よしみず on 2017/03/26 at 13:01:10

マスターさん こんちは〜

今回のブログはマスターさん色満載の記事デスね❗️
使い残しのオキアミ料理の記事を思い出します(⌒▽⌒)

わたしも鯖の虫の事が気になってますので、本当に参考になります❗️
やはりお酢は効果なしですね〜
お酒が良いのですね…

加熱、冷凍の効果は聞きますが、冷凍に関しては家庭の冷凍庫ではあまり効果がないと聞いた事があるのですがどうなんですかね…

今後の検証結果も楽しみにしておりますので、宜しくお願い致します‼️

1728:よしみずさん by CFマスター on 2017/03/27 at 20:33:44 (コメント編集)

いつもコメントありがとうございます。

わたし色の記事って、どんな感じなんでしょうね?v-408
オキアミ記事にしろ今回の記事にしろ、釣りでないし、ましてや大漁記事でないところが、わたしらしいところでしょうかv-411

お酒が効果あるのはわかりましたが、その後の実験で、予想通りアルコール分を含む「本みりん」でも効果があることがわかりました。
しめ鯖の酢漬け行程では、酢だけを使う人もいますが、虫対策を考慮すれば、酢にみりんや酒を加えるのがベターと言えます。(わたしは、酢にみりんと砂糖を加えています)

冷凍についてですが、
「現時点」では、
家庭用の冷蔵庫(冷凍庫)でも大丈夫だと思っています。
ただ、魚体の表面だけでなく、中身までしっかり凍らせるのが肝心で、その為には丸一日は必要かと思います。
・・・といいつつ、やっぱり自分で検証実験やってみますね。
また実験項目が増えましたv-392

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
123位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事