トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

無理やりの料理編

みなさん、こんばんは。



わたしは北海道道北地方出身で、先日も気温マイナス30度以下を記録した場所で生まれ育ちました。

冬場はそんな極寒の中で新聞配達をやってたこともあり、自分は寒さには強いと思っていました。

ところが、人間の体は環境に適用するようで、その後に南国での生活も経験して、更には比較的暖かい奈良に移り住んで13年、最早暖かい場所に身体が慣れてしまい、最近ではマイナス2度でも十分寒いと感じる今日この頃です(^_^;)

わたしが知る限り、大半の道産子は、「やはり住むなら北海道がいい」と思っているものですが、暖かいところに体が慣れた私は、「もっと暖かく、海がある場所がいい」と今では思っています。

ここ数年の内に、居住地&事業場所を海のある暖かい所に移したいと思っていますが、どうなることでしょ。




ところで、昨年末に大漁だったマイワシ。

61匹分をアンチョビにすべく塩漬けしていたのですが、塩漬け行程が終わり、油(オリーブオイル)漬け行程に入りました。

IMG_1106.jpg

IMG_1107.jpg

今回は、はじめて皮付きでやっています(^^) ←単なる横着者

これから熟成が進んで、美味しいアンチョビになってくれることでしょう。

ちなみに、写真位のアンチョビを購入するとやはり3-4千円はします。

釣ったイワシを使えば、材料費は塩とオリーブオイル(500ml位)で6百円位。

めちゃお得感があります(^^)




さて、本題です。

今年の初「修行」は「完璧な坊主」だったと前回記事に書きましたが、それでは「料理編が書けない!」ので、実は加太の後に青岸に移動して、ちょっとだけ釣りをしました。

いつもの様に胴突き仕掛けにオキアミを付け、垂らすだけの簡単な釣り。

ところが、こちらでも渋く、2時間程の間に釣れたのは、15㎝のガシラと20㎝のゴンズイだけ。

ガシラはリリースサイズ。

ゴンズイ・・・・それも一匹だけ持ち帰りました。

果たして、これでどうしよう、というのでしょうか? 笑




・・・で思い付きました。

「大量に残ったオキアミを使おう!」と(^_^;)

IMG_1128.jpg

このブログでは何度かオキアミ料理を紹介しているので、「またか!」と思った方も多いでしょう。

今回も安定・安心のHAMAICHIさんのオキアミなので、何の抵抗もありません。

ゴンズイは現場で、頭(毒棘3つ含む)と内臓を落としてあります。

もう一つ、タコテンヤのアジにくっついてきた貝も持って帰ったのですが、これは種類の同定ができなかったので、現在冷蔵庫で仮死状態に置いています。次回釣行時にリリースする予定。



で、何をつくるか?


いろいろ考えた挙句、

「ゴンズイとオキアミのつみれ鍋」にすることに決定。


まずは、ゴンズイを塩もみし、毒を含むヌメリを落とします。

次に、3枚に下ろし、一度熱湯を回し掛け、水洗い。

IMG_1129.jpg

中骨は出汁取りに使うので、残しておきます。



身の部分を包丁でトントン叩いていきます。

IMG_1130.jpg



塩を振り掛け、練り練りし、次に生姜汁と卵白を混ぜ、更に練ってから丸く仕上げます。

IMG_1131.jpg



熱湯で数分茹でて、つみれの出来上がりです。

IMG_1133.jpg




次に、オキアミのつみれです。

オキアミを軽くザルで洗い、水を切った後にトントンします。

水分を絞り出し、塩、片栗粉、卵白、生姜汁を混ぜねります。


・・・・が・・・・・


オキアミ自身の水分含有量が多くて、しっかりまとまってくれません。

そうなると予想して、片栗粉も混ぜたので、「茹でると固まるかも?」と思い、一か八かでお湯に投入。


結果、バラバラに分解しました(;'∀')

IMG_1135.jpg
(鍋からレスキューしたバラバラになったオキアミ)


あはは(;´∀`)



オキアミが戦線離脱したので、つみれはゴンズイだけになってしまいました。


それでも予定通り進めます。

ゴンズイの中骨で出汁を取ります。

IMG_1138.jpg

でもこれだけでは弱いので、かつお出汁も少し足しました。


で、家にある材料をぶっこんで、

ゴンズイのつみれ鍋出来ました。

IMG_1139.jpg

ゴンズイの他には、椎茸、玉ねぎ、しらたき、そしてマイブームの春雨。

お味のほうは?

メチャウマでしたよ(*^^)v

つみれが一個で寂しいところですが、ゴンズイがもっと釣れれば、立派な感じになったはず。

20㎝のゴンズイ一匹でつみれが一個。

次回はもっと沢山釣って、豪華な感じにしてみる予定(*^^*)




そして、一度戦線離脱したオキアミですが、その後しっかり戦線復帰してもらいました。

バラバラになったオキアミに卵を2個、刻んだやっこねぎ、塩を混ぜ、そして、弱火でじっくり焼く。

オキアミオムレツの出来上がり!

IMG_1136.jpg

しっかりエビ風味の美味しいオムレツが出来ました。

ナンプラーを回し掛け、食べると最高です(^O^)/



かなり他の食材に助けられた感がありますが、なんとか形にはなりました(^_^;)



次回釣行はいつになるのでしょうか・・・・・





CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1714: by だんご on 2017/02/05 at 20:29:39

オイルサーディン美味しそうですね
熟成が進んだら色んなお料理に使えそうですね
お魚のソテーにも使えそう いいなぁ・・(ヨダレ)

力技でねじ伏せた感のお鍋
これはこれでおいしそう!
タマネギをお鍋に入れるの美味しいですね
以前祇園のお料理屋さんで食べた事があります

オキアミが大変な事に・・笑
私だと天麩羅か佃煮みたいにする・・かなぁ
あとオーブンで焼いてお好み焼き用にストック・・か?
でもそれでは量が食べられませんよね
オキアミって凄く栄養があるそうですね
食べるサプリみたい 笑

オムレツにナンプラー
どんな味なんでしょうか

うちはいつもパパが釣具屋で買って来て
冷凍、解凍をくり返してるので
食べたら大変な事になりそう・・笑

少し暖かくなったと思ったら
凄く寒くなったり・・
そんな寒いとこの出身だとへっちゃら・・と思いきや
そうでもないんですね

私は高知の出身なのでそもそも寒いのが嫌ですが
暑いのはもっと嫌です 笑
エアコン命です
海で泳いだ事もないし
(高知の人は海では基本泳ぎません)

私達の世代は社会科で
高知市民のトイレの内容物を船で沖に持っていって
捨ててるって習ったので 無理 笑
今はそんな事はしてませんけどね 笑





1715:だんごさん by CFマスター on 2017/02/06 at 00:35:48 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

今回のアンチョビ、皮を残したままなので、そこが唯一気にしている点です。
多分、熟成が進めば、トロトロになると思うのですが、皮が主張しすぎると失敗・・・なんてことも。
まあ、やってみなければわかりませんv-410

「力技でねじ伏せた感のお鍋」とのことですが、だんごさんには全てお見通し・・・って感じがしますv-408
味噌で味を濃い目にしたり、カツオ出汁を使ったり、めちゃ安易な作り方をしていますv-408
玉ねぎを使ったのは、単に青ネギが無かったからです。
料亭の味とは程遠いと思いますv-394

オキアミ料理ですが、天ぷらとお好み焼きはイケると思います。
ただ、水分がエビと比べて多いので、佃煮はちょっと難しいかも。
ナンプラーはふつうの醤油感覚で使っています。
エビ系の味には、ナンプラーが合うと思いますので、ちょっとタイ風な感じでお試しあれ。

ちなみに、冷凍・解凍を繰り返したオキアミを食べるのはやめたほうがいいですv-399
それに、わたしが食べているのは、自分なりに安全と確認したHAMAICHIさんのオキアミだけですのでv-392

高知県の意外なお話ありがとうございますv-405
高知は3度ほどお邪魔したことがありますが、黒潮の暖流のおかげで暖かくていいですよね。
高知市のひろめ市場や朝市は大変興味深いところでした。
なぜ人口が減少しているのか、不思議に思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
85位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事