トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

チヌとアジとサバの料理編

みなさん、こんばんは。



早速ですが、先日こんなものを買いました。

生ゴミ発酵容器『ボカシボックス20』

IMG_0925.jpg

Amazonで2,700円でした。

この容器の中に、生ゴミをジャンジャン投入して、

そして発酵用促進剤↓を振り掛ける。

IMG_0931.jpg

そうすると良い微生物の働きで生ゴミが発酵・分解され、

立派に肥料になるとのこと。


実は、数年前から興味があったのですが、

電気式の数万円する商品しか知らなくて、

今回、こんなシンプルな容器だけのものを発見、

是非試してみたくて、購入したのでした。


ご存知の通り、わたしはちょくちょく魚を捌きます。

無駄なく食べようと取り組んでいますが、

やはり骨を中心にどうしても食べられない部位は出てきます。

それをそのままゴミ箱に捨ててしまうと、

袋を何重にしようと、

スゴイ臭いが発生して大変なことになります。

これまでは、ゴミ回収の直前まで冷凍庫で凍らせていましたが、

限りある冷凍庫の場所を占領するのが嫌でした。

そこで、今回見つけた生ゴミ発酵容器を使って、

自宅で処理して肥料まで作っちゃおうという一石二鳥の試み。

そして、どうせならと、できる肥料を活用して、

パクチー、バジル、大葉などの

香菜をベランダ菜園で栽培することにしました。

香菜が、あれば魚料理に使えますしね(^_-)-☆


果たして、書いてあるように上手くできるのか、

やってみないとわかりませんが、

また一つ楽しみが増えました(*^_^*)

まずは、数か月使ってみて、後に結果を報告しますね。




さて、本題です。

前回は、ボラの料理編でしたが、

今回はそれ以外の魚の料理編です。


まず材料を確認してみます。

チヌ 2匹(40cm,20cm)

IMG_0846.jpg
(20㎝チヌは、針飲みの為、持ち帰り)


マアジ 10匹、マルアジ 7匹、マサバ 3匹

IMG_0848.jpg



チヌ以外は外道ですが、

ウキフカセ釣りのオキアミに食いついた魚達です。



まずはアジです。

アジの身は、全てタタキにしました。

※※アジのタタキ↓

IMG_0894.jpg


そして、こちらも※※アジのタタキ↓

IMG_0896.jpg


実は、二つのタタキの内、

一方がアジのタタキで、

もう一方がマルアジのタタキなんです。

どっちがどっちか分かりますか?


ヒントは、タタキにする前の柵の写真。

IMG_0876.jpg

アジを何度か捌いたことがある人なら分かると思います。

左と右では、明らかに色合いが違いますよね。


答えは、色の濃い左側(タタキ写真の上)がマルアジで、

色の淡い右側(タタキ写真の下)がマアジ(平鯵とも言います)です。


一般的には、マアジの方が旨いといいますが、

今回同じ条件で食べ比べてみて、

わたし的には、どっちも旨い!

説明が難しい微妙な味の違いはありますが、

その違いは、どっちが旨いというものでなく、

人によって好みが分かれるような違いでしかないように思います。

皆さんは、マルアジとマアジ、どっちが好きですか?



今回、食材が多すぎて食べきれないので、

アラまで冷凍しています。

IMG_0878.jpg

このアジアラは、後にパクチーを入手できた時に、

タイ風アラサラダを作る予定でいます。




次は、鯖です。

わたしの中で、『しめ鯖』と『鯖の竜田揚げ』は2大巨頭なので、

今回は、数が少ないこともあり、竜田揚げにしてみました。


20㎝程度の小さな鯖なので、半身を1ピースとして、

揚げました。

IMG_0902.jpg

中骨は、素揚げに。


もちろん、そのままでも旨いのですが、

たまたまパクチーがあったので、

こんな風にしてみました。

鯖竜田の甘辛ソース掛けwith骨せんべい

IMG_0903.jpg

パクチーをのせて、ちょっとタイ風な感じになっています。

味は言うまでもないですね(^_-)-☆



さて、最後はチヌです。

今回、全部焼きました
(ボラ白子と一緒に煮付けにした内臓除く)

まず一品目は、2日間ほど塩こうじに漬けて、

IMG_0881.jpg

焼く。

チヌの塩こうじ焼き

IMG_0915.jpg

ビジュアル的には、ちょっと生っぽい感じがするのですが、

これが激ウマなんです(^_^)/

塩こうじに漬けると、肉も魚も美味しくなるっていいますけど、

本当ですね。



で、2品目が、一夜干しして、

焼く。

チヌの一夜干し

IMG_0922.jpg

生の塩焼きと比べれば、明らかにこちらのほうが

旨みが強い。

でも塩こうじ焼きを食べた後だったので、

むむむ・・・・塩こうじのほうが旨い・・・・

というのが正直な感想(^^;)


3品目は、カブト焼き

IMG_0909.jpg

久しぶりのカブト焼き、旨かったです(*^_^*)




そんなこんなで、

ボラから始まって、チヌ、アジ、サバ、

と旨い魚ばかり堪能できてよかったです。

これも釣り人も特権です!




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1679: by とくやま on 2016/11/02 at 17:17:29

お初コメントです。

けっこう前にブログにコメントいただきありがとうございます。ちょっと放置してましたけど笑


どれもすごいお酒がすすみそうな料理ですね~!
当方、魚料理がマンネリ化してるんで、参考になります!

1680:とくやまさん by CFマスター on 2016/11/02 at 20:08:45 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

ちょっと放置されてたv-392とくやまさんのブログですが、最近は怒涛の如くアップされていますね。
釣りのほうも最近は何だかんだ言いながら、しっかり獲物を確保しているところはさすがですv-410

魚料理ですが、実はわたしのほうも結構マンネリ化していますv-408
小手先の変化でなんとかお茶を濁しているような感じです。
そんな私のブログでもご参考になればうれしいです。

1681: by だんご on 2016/11/05 at 19:53:47

チヌの塩麹焼き、おいしそうですね
西京焼きはちょっと目を離すと
焦げて手におえないのですが
これだと失敗なく作れそうですね

兜焼き・・さくっと作ってるけど
頭を綺麗に割るのは難しいんですよ
綺麗な仕上がり、凄いです

そして↓ ボラのヘソだー うっとり
これは贅沢ですね

うちのパパも今晩から伊勢に釣りに行くそうです
来週から寒いそうで・・・
快適に釣りが出来る期間って短いですね

1682:だんごさん by CFマスター on 2016/11/06 at 19:07:05 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

塩こうじ焼きは、お薦めです!
わたしは西京焼きも好きですが、
多分味では、どっこいどっこい、
負けていないと思います。

大型チヌの頭を割るのは・・・
実はいつも結構苦労していますv-408
しっかり包丁を研いでおくことと
後は、力の入れ方、
そして、カットする手順でも
若干切りやすさが変わりますね。

わたしにとっては、
ボラへその刺身は、だんごさん情報が、
最初でしたからね。
感謝していますv-410

伊勢での釣り、羨ましいです。
寒くなってくると段々釣りも
難しくなってきますから、
今のうちに沢山釣りに行けるといいのですが・・・
ご主人、いい釣果があるといいですね~♪

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
123位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事