トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

偶然発見した美味しいタコ料理

みなさん、こんばんは。
最近気持ち的に停滞期のCFマスターです。

体調悪いわけでもないし、

食欲無いわけでもないし、

寝られないわけでもないし、

でもなんだか、何もやる気がしない、

そんな時ってありますよね?(^_^;)

とりあえず、

何もしたくない自分にムチを振るのではなく、

ここって時に、やるべきことができるよう、

エネルギーを蓄える、そういう時間だと思うようにしています。

こういう考え方が、甘えなのか、

それともポジティブと捉えるのか、

紙一重なんだよな・・・(。´・(ェ)・)


何もしたくないと言っても日々の仕事や生活はあるわけで、

メシを食う為には、料理せねばなりません(外食は月3回程度)。


そんなわけで、先日、食材を買いに大和高田市にある

スーパーに行くと、こんなものがありました。


亀の手

P_20160904_182715.jpg

これって、鉄腕DASHで食べていたやつだよな・・・・

と、値段はちょっと張るものの、これも経験!ということで購入。


う~~ん・・・確かに亀の手だ・・・・

P_20160904_182748.jpg

ちょっち、キモイ(゚△゚;ノ)ノ


で、塩茹でしてみた。

食べるのは、腕の部分で、こんな感じ。

P_20160904_185413.jpg

貝とエビを足して二で割った感じかな。

味は、まあまあ旨い。

でも食べる部分が少ないし、

この値段なら、もう買わんだろうな。

これで経験値1ポイントUPしました(^_^;)




では、本題です。

8月26日の釣行で持ち帰ったタコの料理編です。

持ち帰った獲物↓

IMG_0638.jpg

マダコ x 2匹 (430g,480g)

とチヌ26㎝です。

チヌは、切り身に捌いて現在も冷凍中。

いずれ酒蒸しにして食べる予定なので、

今回の記事には登場しません。



実は、少し前から、タコが釣れたら、

作って、レシピ記事を公開しようと考えていた料理があります。

それは、内臓の煮付け、と桜煮です。

今回は、その両方をメインとして、作ってみました。



まずは、内臓の煮付け。

これを作ろうと考えたキッカケは、

以前最悪のワカサギ釣り(その時の記事はこちら)で登場された

たむけんパパがツイッターでタコの内臓を食べているのを

つぶやいており、それがかなり旨いとのことだったので、

是非自分も!と相成りました。


まず、頭を裏返しにして、内臓を露出させます。

IMG_0658.jpg

肝にくっついている墨袋には注意して、

ハサミでチョッキンチョッキンと内臓を分離していきます。

こんな感じで、エラ、胃袋、肝、など殆どが食べられます。

IMG_0668.jpg

(この時に使った肝の墨袋には、墨は残っておりませんでした)


フライパンに投入した水で割った3倍濃縮麺つゆを沸騰させ、

内臓を投入!

IMG_0648.jpg

全ての部位が縮んでいく・・・・


でも直ぐに一つの異変に気が付きました。

肝がおかしなことになっている!

実は、マダコの肝って、肝袋みたいな外側があって、

その中身は固体でなく、半液体なのです。

外側の固体は熱で縮んでいくのだけど、

中身の液体は、そうでないようで、肝袋がパンパン状態に!


そして、あれよ!という間に、

ブハーー!((((;゚Д゚)))))))

IMG_0649.jpg

と肝液を大放出!(^_^;)

あらら、これどうしよ?


捨てるのはモッタイナイし、

そもそも食べようと思った物の形が変わっただけで、

内容・成分は何も変わっていないのだし、

まあ、いっか。


その後、一味と塩で味を調え(味見はしていないけど(^_^;))、

出来たのがこれ。

タコの内臓肝液煮込み(仮称)

IMG_0650.jpg

・・・で、そのお味は?

ジュル・・・(゜_゜)


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!

これ旨いー!(●^o^●)


もつ鍋のような濃厚感と旨みをタコの内臓で再現しました!

って感じで、居酒屋メニューにしたら、人気出ること間違い無し!

(多分)


幸い、もう一匹分の内臓があるので、

もう一回作ってみた。

臭み消しで刻んだ生姜を追加してみる。

やっぱり旨い!

ってことで、クレイジーフィッシングのレシピページ化決定!

\(^o^)/


想定していたものではないけど、

おもいがけず、旨い一品ができて良かったー(*^_^*)




気を良くして、次は身の部分です。


桜煮を作ってみました。

<桜煮とは?>

「たこを柔らかく煮た料理のことで、煮上がった様子が桜の花びらに似ていることから、この名がついています。」



今回のタコは、生の刺身にはしないので、

2匹とも軽く茹でます。

IMG_0679.jpg



足の部位と色づけの為の小豆をじっくりと煮込んでいきます。

IMG_0696.jpg

柔らかくするために、大根の搾り汁をたっぷり使いました。

また足の太い部分はすりこぎ棒で叩いて予め柔らかくしておきます。


できたのが桜煮

IMG_0707.jpg

柔らかくて旨い~♪(*^▽^*)

うむむむ・・・日本の味!感じ(*^_^*)


実はレシピを固めるために、計3回これを作りました。

なので、タコの足の部位は全て桜煮に。

こちらもいずれクレイジーフィッシングのレシピページを公開します。




そして、残った胴体部分をどうしたかというと、


一つは、天ぷらに。

IMG_0734.jpg



もう一つは、アヒージョにしました。

IMG_0755.jpg

どれもこれもウマウマ(*^_^*)



やっぱりタコは旨いですよね~

食材としても扱いやすいし、言うことありません!




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1642: by だんご on 2016/09/13 at 22:00:00

ジビエ・・ジビエレベルですっ!
思わずスクロールしてて
「え゛ーーっっ???」って声が出ました

仕上がりの色がまるで箸を拒絶するような色・・
美味しいんですよね
本当に美味しい・・ですよね 笑
こーれー・・・・・・・・・
そうですかっ 今度、というかいつの日か
パパがタコ釣ってきたらやってみます

ボラのヘソを生で食した私・・
やれるはず 笑
本当に美味しいんですよねっ(まだ言う) 笑

海の幸の内臓料理は
海のねきの人は定番だとか
お酒のアテにいいんでしょうね

他のタコのお料理
桜煮、、これは鉄板ですね
天麩羅にアヒージョ・・
美味しそうです
天麩羅の写真・・いいですね
器もいい感じ

都会の釣人がまだまだ知らない
海のジビエ・・
これからも発信して下さい!
私も挑戦してみますっ

1643:だんごさん by CFマスター on 2016/09/14 at 16:06:30 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

ジビエですか!?v-408
内臓の肝液煮込み・・・如何にも、
な感じだし、
ちょっと勇気がいるような、
そんな感じでしょうか?v-408

ところがどっこい!なのですよ。
モツ煮込みのような濃厚な旨みが
あります。
少ーーーしの臭みがありましたので、
それは生姜で解決です。

まあ、騙されたと思って、
作ってみてくださいなv-389
(近いうちにレシピをアップします)

内臓系料理は、おっしゃるように、
酒のアテに抜群です。
高知の方なら、酒盗が馴染み深いでしょう。
へんな先入観など無いだんごさんなら、
間違いなく、内臓系料理いけますv-221

桜煮、天ぷら、アヒージョ、
どれもメチャウマでしたv-391
器は安いものですが、
写真の腕でカバーしていますv-408

さて、次はどんな料理でいきましょうか?
実はアイデアはいくつか、あります。
ただ、釣れてはじめて料理ができるので、
釣りの回数が増えないのが、悩ましい所ですv-408

1644: by Shop Asahiyama on 2016/09/15 at 11:43:20

な~んにもやりたくない時ってありますよね~。
そういう時は体に正直に休んで、食べたいものを食べてみます。
じ~っとしていたら動きたくなる時がきますよ~。

内臓っていつも捨てていました。
今までもったいないことをしていましたね~。
とっても美味しそうです。
亀の手がスーパーで売られているとは知りませんでした。
あれは海に行って取ってきて食べる物だと…実物は見たことないですけど。
姿形がちょっと怖い…(笑)

1645:経験値 by よしみず on 2016/09/15 at 17:40:15

こんちは〜

経験値の話…
凄く共感します…
私も釣り好きを公言している中で、できるだけ魚介類を知りたい、いや、知っていたい!との思いは強く、私が行く堤防などでは絶対釣れない魚などを買ってきて調理して食べてます。

モノによっては、2度と買わない〜〜とかコレなら少しコストをかけても釣に行きたいなぁ〜などの経験値を積んでるつもりですが…
まだまだ知らないことばかりです!(^◇^;)

タコ料理も参考にさせてもらいます‼︎

1646:Shop Asahiyamaさん by CFマスター on 2016/09/15 at 21:33:53 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

わたしの場合、なんにもやりたくない時が
多すぎて、自分では甘えではないかと
思わざるを得ないのですが、
今は動く時でないと思うようにしています。
でも掛かりの悪いエンジンを持っているので、
自分にイライラすることもありますv-408

「食べたいものを食べる」←これいいですね~♪
すぐに思い浮かぶ食べ物は無いのですが、
自問自答してみますv-391

わたしも内臓料理始めたの最近ですし、
これからも色々試してみますので、
ご期待ください!v-392

亀の手をスーパーで見たのは、
今回がはじめてです。
こっちのスーパーで普通にあるわけでは
無いので、誤解なきようv-408
確かに姿形は・・・ですねv-408

1647:よしみずさん by CFマスター on 2016/09/15 at 22:10:29 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

経験値の話に共感頂き嬉しいですv-410
先日食べてられたハモ!
もそういう位置づけだったのでしょうか?v-392

私たちはまだまだ食べたことがない魚が
沢山ありますよね。
というか、ほとんどの魚種を食べたことがない、
と言ったほうが近いのかも。
珍しい魚や目新しい魚がスーパーにあると
値段とにらめっこしながら、悩みますv-408
釣りに行けない時は、スーパーの魚介類を
見るのが楽しみですよね。

タコ料理、ご参考になれば幸いです。
後日アップするCFサイトのレシピ記事も
お役に立てれば嬉しいです。

1648: by 訪問者様 on 2016/09/19 at 15:09:17 (コメント編集)

カメノテは茹で汁が一番美味しいんですよ・・
吸い物でもこれをベースにした料理でも・・

1649:訪問者様 by CFマスター on 2016/09/19 at 22:52:47 (コメント編集)

コメント頂いて、ハッとしました。
茹でた後の亀の手は、
何だか出汁を取った後の昆布のような、
そんな感じがしました。
ということは、旨み成分は茹で汁の方に、
多く移っていると考えるべきでした。
今回は茹で汁捨ててしまったのですがv-408
次回は・・・v-392

参考情報ありがとうございました。

1650:管理人のみ閲覧できます by on 2016/09/26 at 23:23:08

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1651:管理人のみ閲覧できます by on 2016/09/27 at 20:32:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1652:管理人のみ閲覧できます by on 2016/09/28 at 01:09:34

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
918位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
112位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事