トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

春の神武祭と海洋資源と野草

みなさん、こんばんは。



先程、お隣の橿原神宮でやっている春の神武祭(夜の部)に行ってきました。

今週末までやっているのですが、

夜の部ではプロジェクションマッピングが綺麗です。

確か、次の土曜か日曜は海上自衛隊の音楽隊の演奏があるはず。

それだけは見たいなと思っています。


そして、本当の意味の神武祭は先週執り行われました。

天皇皇后両陛下が来られていたのですが、

今回はタイミングが合わず、ご尊顔を拝することはできませんでした。

ちなみに、下の写真は一昨年11月のもの。

IMG_4775.jpg

今回はなんと、わたしが住んでいる集合住宅の

道路を挟んでお隣の建物にも来られていたのだとか。

折角の機会、残念でした。




話は飛んで、海洋資源の話。

海洋資源といっても、海のお魚のことです。

ある本を読んだのですが、一部魚種(マグロなど)では、

資源の枯渇が心配されています。

漁の期間や個体のサイズを制限するなどの管理が行われている

種類もありますが、まだまだ獲れるだけ獲るというのが

主流の日本の漁業。

今では中国など外国の漁業も盛んになってきており、

海洋資源としてのお魚を見た場合、状況は悪化の一途なのだとか。

海外から輸入する魚だって、輸入元の国がしっかりした資源管理を

しているケースは少ないでしょうし、図らずともお魚消費大国日本の為に、

外国の漁業資源・生態系にまで悪い影響を及ぼしているとなれば、

いい気持ちはしません。

そんな状況下で、釣り情報サイトであるクレイジーフィッシングを運営する立場として、

同時に釣りファンとして、何かできることは無いかと考えることがしばしばあります。

話を突き詰めれば、日本人の消費志向や

日本をはじめとした外国も含めた漁業の有り方。

そういった非常に取っ付き難い所で話は終わってしまう。

でも、例えば、

今まで食べて来なかった豊富にある魚種を食べるようにする

だとか、

今まで食べなかった魚の部位を食べるようにする

だとか、

そういった釣りをやる人間になら比較的手軽に出来ることでも、

一部の魚種・部位への嗜好の偏りを緩和し、

資源保護の一助になるのでは、と考えています。

なので、

クレイジーフィッシングでは、現在ボラやゴンズイに力を入れ、

できるだけ余すことなく、美味しく食べる情報を提供していますし、

今後も更に魚種および部位を増やしてレシピを作っていくつもりです。

今週マグロを食べた人が、また来週にマグロやサーモンを食べるのではなく、

来週は釣ったボラやゴンズイでもいいでしょう、そういう話。

多様性に飛んだ食材、食べ方で豊かな食生活を楽しみつつ、

資源を守っていきたいと思っています。




最後に、食生活という意味では共通するのですが、

野草の話。

以前、ドングリやツクシ・スギナを採取して食べた、

とここで書いたことがありますが、

今年はもっともっと野草を食べたいと思っています。

特に春は野草を食べるには一番いい季節。

だんごさんのブログで紹介されていたイタドリを

探しに明日香村近辺を見て回ったのですが、

結局見つからず、

代りでもないですが、タンポポ、ヨモギ、スイバ、を採取しました。

タンポポはしばらく水に漬けてから、サラダに。

P_20160410_190333.jpg


ヨモギは、5,6枚を一まとめにして天ぷらに。

P_20160410_190350.jpg

これ、実は近くの居酒屋で最近食べたことがあって、

美味しかったので、自分でも作ってみたもの。

メチャウマだった(●^o^●)


スイバは、茎部分を茹でて、すり潰して、

ジャムにしてみた。

P_20160410_233334.jpg

スイバって、酸っぱいのでジャムに合います。

でも主張の強い黒糖を使ったので、味がぼやけてしまった(^_^;)


タンポポ、ヨモギ、スイバ、どれも気を付けてみれば、

どこにでもある『雑草』です。

何を好き好んで雑草を食べる!?と思う人もいるかもしれませんが、

タンポポもヨモギも薬効成分が豊富。

高血圧のわたしにはヨモギが最適だし、

貧乏だから食べるのではなく、

自然の野草が食生活を豊かに、

身体を健康にしてくれるなら、

食べない手はないでしょ?と思うわけです。




さて、書いている内に熊本で大きな地震が発生しました。

津波は無いようですが、暗くなってからの地震だけに、

全体像がまだまだ見えていなく心配です。


といいつつ、明日は和歌山釣行してきます。

ただ、場合によっては、広島の時のように、

必要に応じて災害ボランティアに出動することも考えています。






CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1528: by 白神 on 2016/04/17 at 01:28:41

こんばんは。

昨今のマグロやサーモンのブーム?を否定する気はありませんが、ある種の流行やステータスとして粗末に消費されている気がしてなりません。
他にも美味しい高級魚は沢山居るので、偏食せず旬の魚を食べることも、特定の魚種に偏らず資源保護になるかもしれませんね。

昔の田舎は、旬の山野の幸、捕まえてきたキジ、身近な水辺に居る鯉・鮒・鯰・ウグイ・オイカワ等・・・自然と上手く付き合っていたようで、お金には換算できない豊かさを感じます。

イタドリですが、いつもの和歌山はそろそろ終わりですね。連休前後ですと、亀岡とか能勢辺りで食べ頃サイズが生えていると思います。

1529:白神さん by CFマスター on 2016/04/17 at 19:01:31 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

マグロやサーモンの美味しさは言うまでもありませんが、
おっしゃるように他にも美味しい魚は沢山ありますよね。
特に生息数が大変多く、
尚且つあまり食べられていない魚は
今後ポイントになってくると思います。

わたしは今中途半端な田舎にいますが、
野草や木の実の恩恵を受けています。
更に果物や自然の動物・魚など、
上手く活用できれば、本当に豊かな生活ができますよね。
全く同感ですv-218

イタドリは、もう北に行かないとダメなんですね。
亀岡ですと、用水路でタナゴを釣ったことがありますが、
中々行く機会がないです。
となると次は来年でしょうか・・・v-409

1530: by ギーザーツジモト on 2016/04/18 at 09:56:01

マスター様おはようございます。
スイバは野草の本でフランス料理に付け合わせとか。
どこでも咲いてますね。一度チャレンジしてみます。

あと、海産物ですが東シナ海など中台韓もちろん日本も
ですが、ここから魚が消える日も遠くないという事も聞きます。
ウナギも現にアジもかなり減っています。
皆幻の生き物になるのでしょうか?
食文化などの言葉もいつしか消え工場製品、加工製品で人類は生きていくつもりでしょうか。

熊本は益城町は家内の実家で親族は命だけは助かりましたが
今後、避難の長さと健康状態が心配です、又熊本は本当に日中熱く夜は涼しいと寒暖が激しいとこです、雨も近畿中部とは比べ物にないほどよく降ります。
15日深夜に救援出撃しルートは小倉から大分回りで阿蘇越えを計画し益城町に入るルートを考えてましたが本震が来てアウトです。
行政の救援隊にお任せするしかないという状態です。

1531:ギーザ―ツジモトさん by CFマスター on 2016/04/18 at 15:41:43 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

スイバがフランス料理の付け合わせ!?
とは知りませんでした。
ホントにどこにもありますよね。
ジャムは、白砂糖を使っていれば、
もっと良かったと思いますが、
黒砂糖でも結構上等なものになりました。

魚って、ある一定ラインまでの漁獲量であれば、
資源を減らすことなく維持できるのだとか。
わたしが昔通っていた那智勝浦町宇久井港の漁師さん達は、
伊勢エビ漁を主なターゲットとしているのですが、
漁の時期と漁師一人当りの漁獲量を制限していて、
上手に資源維持をしています。
伊勢海老のように、居付きの魚介なら
漁協単位での自己規制で対応できますが、
難しいのは、アジなどの広く回遊する魚ですよね。
日本だけが規制しても他国がその分を大量に
獲ってしまっては、元も子もないし。
国際的な取り組みが必要になってくる話ですね。

奥様のご実家が益城町とは・・・
さぞご心配されていることと思います。
食料や水などが不足していると報道にもありますし、
自らが直接駆けつけることができない状況では、
心配は募るばかり・・・・心中お察し申し上げます。
わたしは奈良県防災士会に所属しているのですが、
現地のボランティア受け入れ体制ができてないとの
ことで防災士派遣に待ったが掛かっています。
ただ、それは時間の問題と思いますので、
今後仕事との調整が付けば、現地に飛びたいと
考えています。

1532: by だんご on 2016/04/18 at 20:58:54

おいしい魚・・
マグロやサーモン、鯛・・
スーパーで何気なく手に取ってる普段の買い物
こういう魚がどこでどうして獲れたとか
養殖されたとか現実気にしないんですよね

海洋資源を守るのはどうすればいいのか・・
これは世界規模で守っていかないといけないんでしょうね
ただ・・各国の食文化にも違いがあって
色々問題が多そう・・

昔小学校の頃社会科で
日本は沿岸漁業が盛んで
アジやイワシが・・って習いましたが
食べてませんね・・

釣りという形で色んな魚に出会える今
釣った魚を種類関係なくおいしく食べる
これ・・大事なのかも

私もパパが釣ってきた外道の魚も
美味しく食べる調理法
研究してみます

ボランティア、考えてるんですか!
うちのパパも東北に(南三陸町)行きました
今回も行く気みたいです
早く道路が復旧して欲しいものです
現地の受け入れ態勢も早く整って欲しい・・

1533:だんごさん by CFマスター on 2016/04/18 at 22:37:34 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

スーパーで買う魚の鮮度、値段、産地
そして養殖か天然か、
そういった点には注目しますけど、
その背景にある資源量まで注目する人は少ないし、
それは当然だと思います。
わたしだって、その本を読むまでは、
そんな危機的状況だとは思いもしませんでしたし。

おっしゃるように、世界規模の問題ですし、
そう簡単にどうにかなるものでもないと思います。
ただ、小さなことでもできることを
やっていくしかないのかな、とも思います。

外道魚の調理法、だんごさんの研究、楽しみにしていますv-410
場合によってはパクらせて頂くこともあるかとおもいますので、
よろしくお願いしますv-392

ご主人もボランティア参加考えられているのですね!
わたしは東北には行けませんでしたが、
広島には日帰り弾丸コースで行ってきましたv-408
月が変わるとまたいつものアルバイトが始まるので、
それまでに何とか受け入れ側の態勢が整ってくれれば、
と思っています。

1534: by ギーザーツジモト on 2016/04/19 at 09:45:29

熊本の親族としては14日では問題なかったのですが
今時点では向かう側の人間の心配が一つ増えますので、
今は現地で頑張るという事です。
阪神淡路の時のように距離が無ければ多少時間なくても
知人の救援物資届などは出来ました(オフロードバイクに
積んで)が阿蘇方面が大変ですし確かに親族に現地で
気張っていただくしかありません。
家屋の問題もあるしインフラ仮設などが早く立ち上げていただきたいとこです。

1535:ギーザーツジモトさん by CFマスター on 2016/04/19 at 16:06:11 (コメント編集)

未だにライフラインが復旧していない世帯も数多くあるそうですし、
救援物資も十分に行き届いていないという報道も見る一方で、
余震が続く中、道路が寸断されているところがあり、
急ぐべき緊急車両が渋滞に捉まり・・・
と自己不完結の民間人がうかつに飛び込んでは、
逆に迷惑を掛けてしまいそうな状況です。

避難所生活で亡くなられた方もでてきており、
おっしゃるように、仮設住宅や宿泊施設などの
仮住まい場所が早く立ち上がってほしいところですね。

想いは募るばかりです。

1536: by Shop Asahiyama on 2016/04/19 at 16:28:27

今回の記事を なるほどな~と思いながら読ませていただきました。
マグロ、サーモン、確かに定番で料理レシピが数多くありますよね。
でも、他の魚の食べ方がわかれば食べてみたい魚はいっぱいあります。
上手に勉強しながら食べなくちゃ…ですね。
ヨモギの天ぷらは我が家も毎年しますよ~。
美味しいですよね。
だんごさんの所でみたイタドリ…もう少ししたら取りに行ってきます。
その時期にしか味わえないものを食べるのは山菜だろうと、雑草だろうと毎年の楽しみですよね。
北海道はまだヨモギは小さくて…山菜ももう少し先です。
春が待ち遠しいです。

熊本の地震は本当に切なくて、テレビの前でウロウロしています。
せめて余震が止まってほしい…。
これ以上大きな被害が出ないことを祈ります。

1537:Shop Asahiyamaさん by CFマスター on 2016/04/19 at 17:04:17 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

北海道は、サーモン・・・というか鮭が定番中の定番ですよね。
そのサーモンにしても切り身で買うことが多いと思います。
では、頭、内臓は?となると
恐らく活用されている量はまだまだ少ないと思います。
(ちなみに鮭の血を塩漬けした「メフン」好きですv-391
そういった今まで活用しきれなかった部位にも焦点を当てたいと考えています。

記事に書いたボラやゴンズイは、北海道では馴染みがあまり無い魚ですが、
内地では結構釣れるのですよv-229
でも毒や臭いで嫌がれている魚なんです。
そこも何とかしたいですね。

おっしゃるように、知らないが為に手が出しにくい魚もありますよね。
値段が高ければ尚更ですし。
そういう意味ではクックパッドなどの料理レシピサイトの情報が
スマホですぐに手に入る状況は、
以前と比べて随分取っ付きやすい環境になったと言えるかもしれません。

わたしは北海道でヨモギを天ぷらで食べたことはなかったのですが、
こっちで初めて食べましたv-408
予想外に美味しかったのには驚きました。
イタドリ・・・北海道なら沢山取れるのにー!
って思いつつ、奈良で捜索していましたv-408

北海道はこれからがいい季節ですね。
野草や山菜にしても生えている量に対して、
採る人が圧倒的に少ないので、
野草・山菜天国ですv-410

災害対策はこれからが正念場だと思います。
国民一人一人が些細なことでも出来ることをやる、
そう考え行動するだけでも随分違ってくると思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
486位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
77位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事