トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ちぐはぐ

みなさん、こんにちは。



わたしはFacebook上のグループである

「フィッシング倶楽部」のメンバーになっているのですが、

この時期はタチウオをはじめとして、アオリイカやスズキなど、

各地から良い釣果報告がどんどん上がってきています。

魚が釣れる → 釣り人が増える の図式で

普段あまり釣りをやらない(マナーをあまり理解していない)釣り人が

増えるからなのか、

それとも釣り場が混雑してストレスなのか、

恐らく、その両方だし、それ以外にも原因はありそうですが、

釣り場のトラブルが増えてくる時期でもあります。

先日も加太で、夜中にヘッドライトの光が眩しいとの理由で、

若い男性が年配男性にチンピラ風の口調で威嚇するようなトラブルがありました。

実はその年配男性、そのトラブル前に帰りがけの私の顏に容赦なく

ヘッドライトの光を当てて、釣果を聞いてきた人でした。

同じことを気の短い人にやれば、そりゃあ怒るだろ、みたいな(^_^;)

夜に相手と話すときに、相手の顔を見ながら話したくなるのは、

自然なことですが、ヘッドライトの光を直接相手の顏に当ててはいけません。

眩しすぎますから。(当てるなら胸元が良いでしょう)

・・・とまあ、これは一例ですが、

ちょっと考えれば分かることなのに、

無神経な人・・・・というか、獲物をゲットしてやるぞ!という気負いが

強くギラギラした人が多くなるのもこの季節です。


みなさんは、トラブルを上手く回避しながら、釣りを楽しんでくださいね(^^)




では、本題です。

10月15日(木)ホームグラウンドである和歌山市加太港に行ってきました。

ヌカ切り釣りとボラの吸い込み釣りです。



現地到着したのは、午前6時過ぎ。

今回は珍しく先客がいらっしゃいました。

IMG_7174.jpg

地元の年配おいやんです。

わたしのいつものポイントの階段を挟んですぐ隣です。

近寄って元気に挨拶します。

CFマスター「おはようございます!」

おいやん「・・・・・」

無視か?(^_^;)

それでは、と・・・更に近づいて、

CFマスター「どうです?釣れてます?」

そこではじめてこちらに気が付いたような感じで、

おいやん「今日はアカンわ」

そうなんか、まあいいけど・・・

CFマスター「イワシとか、サバもアカンですか?」

おいやん「え!?」

CFマスター「イワシとか、サバは?」

おいやん「え!?、俺耳遠いからごめんやで!」

CFマスター「イワシは!?」

おいやん「イワシも来ん!」

おいやん「でもな、『ハナマル』ちゅう魚がよう釣れるんやわ!」

CFマスター「ハナマル!?」

CFマスター「ハナマルってどんな魚ですか!?」

と、クーラーボックスから見せてくれた魚は、

小さなヘダイ・・・・

CFマスター「それ、ヘダイですね」

おいやん「あ!?」

CFマスター「それ、ヘダイ!!」

おいやん「ヘダイ言うんか!?」

なんでもこの年配おいやんはあまり魚には詳しくないようで、

ここで釣りをしていると地元散歩おいやんが冷やかしにくるのですが、

散歩おいやんが、「ハナマル」と教えてくれたとのこと。

わたしも地方名までは知らないので、

「この辺ではそう呼ぶのかもしれませんね」と答えたものの、

多分聞こえていないだろうな・・・・と思いつつ、お互い会話に疲れてきたので、

そのまんまにしておいた(^_^;)


で、帰ってから調べたのだけど、ハナマルという地方名は分からなかった。

ちなみにWikiでは、こう書いてありました。

*****以下Wiki引用**********

地方名[編集]
ヘイズ(京都府丹後地方)、コキタイ(浜名湖)、シラタイ(和歌山県)、シラチン、シロチン(和歌山県、鹿児島県)、ヒョウダイ(高知県、長崎県)、セダイ(山口県、長崎県、宮崎県)、セチン(玄海)、ヒラチヌ(蒲江)、スッポ(鹿児島県)、チバー(沖縄県)などがある。体が平たいこと、クロダイに似ることに由来した方言呼称が多く、クロダイとも区別される。

*****Wiki引用ここまで*********

結局「ハナマル」という地方名があるのか不明のままです。

どなたかご存知の方がいましたら、教えてくださいm(__)m



さて、おいやんとの会話はさておき、

周りを見てみます。

反対側は、だれもいません。

IMG_7175.jpg


大波止はいつも位の人出でしょうか。

IMG_7176.jpg


この日、吸い込み釣りとヌカ切りにしたのは、

同じヌカが使えるから(^_^;)

IMG_7181.jpg


バリコ(アイゴ)も欲しいから、酒粕も混ぜます。

IMG_7183.jpg


吸い込み釣りは、以前鯉釣りで使った仕掛けをそのまま使う。

IMG_7186.jpg

オキアミを全てのハリに付けてみます。

そして、こんな感じでダンゴにして投げる!

IMG_7187.jpg

吸い込み釣りは、相手アワセなので、

置き竿で放置・・・・


で、次はヌカ切り。

ほぼフカセ釣りと同じような仕掛けでやってみる。

ダンゴは、片手で2回3回握る程度。

IMG_7191.jpg

エサのオキアミを中に入れて、

ダンゴが上層のオセンやコッパグレをカワシて、

下層にいるバリコやグレのところにオキアミを届けてくれる。


とりゃあ!とダンゴ投入。

際から3m程の手前です。

ダンゴは底に届く前後位にすぐ崩れるので、

手返しは早い。

更に、ダンゴ投入!

・・・・

・・・・

オセンもコッパグレもいねえし・・・・(^_^;)

これじゃあ、ヌカ切りでやる必要ねえな・・・・

まあ、雰囲気やね。


ところがこのヌカ切りの威力が爆発したのは、

わずか五投目位からでした。


まず最初に掛かったのが、

チヌ20cm位。

IMG_7194.jpg


次のダンゴでは、

またもやチヌ、それも同じ位のサイズ

IMG_7195.jpg


そして、その次は、

IMG_7196.jpg


あれー!?サイズは小さいけど、

メッチャ、チヌ釣れるんですけど(^_^;)


そして、時々、外道が混ざる。

ヘダイ(ハナマル?)

IMG_7197.jpg



キビレ

IMG_7198.jpg



チャリコ(マダイの子供)

IMG_7199.jpg


ベラ

IMG_7202.jpg



この日、中潮で満潮が午前7時半頃。

満潮の折り返し、2時間経過する頃まで、

入れ食い状態でした。


そして、午前10時頃には、殆どアタリがなくなり、

午後2時過ぎ位から、またポツポツと・・・・という感じ。


でも、結局、ターゲットであるバリコもグレも釣れず、

外道ばかりを釣っていました(^_^;)



一方、吸い込み釣りはどうかというと、

ボラが一度掛かったものの、ハリ掛かりが良くなかったようで、

痛恨のバラシ。

唯一釣れたのは、やっぱりお前か!のフグ

IMG_7203.jpg



実は、片手で小さなダンゴを作るヌカ切りでは、

そんなにヌカの量は必要ないだろう、と高を括っていたのですが、

手返しが非常に速いので、ヌカを消耗するスピードがメチャ早い。

正直、吸い込み釣りの方に、時間もヌカもあまり割けなくて、

海底のポイントに糠床を作ることも出来ず、

結局ボラを寄せられずに失敗に終わったのでした。

次に、吸い込み釣りをやる時は、ヌカを使う釣りと併用はダメということで、

少しは勉強になりました(^_^;)


【2015年10月15日和歌山市加太港釣果】

 ・チヌ(17-25cm) x 18匹
 ・ヘダイ x 3匹
 ・チャリコ x 2匹
 ・キビレ x 1匹
 ・ベラ x 1匹
 ・フグ x 4匹

全てリリース



この日、全く成果が無かった(この日ばかりはチヌも外道です)ので、

加太を午後3時過ぎに切り上げ、

その足で同じ和歌山市内の青岸に向かいました。

青岸では、地元おいやんがバリコを狙って釣っているのを知っています。

さて、青岸ではバリコとグレは釣れたのでしょうか?

次回記事は、青岸での釣果報告です。




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1357:マスターさん、こんばんは^^ by おっちゃん on 2015/10/18 at 22:15:59

ヌカ切りでグレが釣れずにチヌが大漁^^v
おめでとうございます!と言っていいのか悪いのか^^;

ハナマルですが、オッサンが三重に行く前(15年ほど前)まではヘダイだったと思います。
ハナマルの由来ですが、、、マスターさんが今回ゲットしたチヌにヘダイにキビレの写真を見てもらうとなんとなくですが、ヘダイだけ鼻のあたりが丸くありませんか?

オッサンも実のところよく知らないのですが、ヘダイは鼻が丸いのでハナマル(爆)
そんな風に理解しているのですが、人に聞いた事がないのでなんとも言えませんが^^;;;

それから吸い込み仕掛けですが、三重の田曽浦ではよく似た感じの吸い込み仕掛けにウキを使って地元の人がグレを釣っていますね^^

1358:おっちゃんさん by CFマスター on 2015/10/18 at 23:06:26 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

今回のケース、チヌは外道とはいえ、
やはりいつもチヌを狙っている人間にとっては、
それなりに嬉しい釣果でしたv-410
更に、バリコやグレが釣れたら言うことないのですがv-408

場所によっては、ヌカ切りでチヌを狙うのもアリかな、
と今回思いました。
でもどうしても小型中心になってしまうので、
大物狙いの人にとっては、面白みには欠けるかもしれませんがv-391

ハナマルのご説明ありがとうございます。
ヘダイの鼻先の丸みのご説明、しっくりきました。
おっしゃるように、鼻から口先の丸みは、
ヘダイの特徴の一つだし、
そこから地方名が付いたと考えるのはごく自然だと思います。
ただネット上で見つからないということは、
かなり地域が限定される呼び名かもしれませんね。
やっぱり自分で使うのは、ヘダイの方が無難ですv-392

吸い込み釣り仕掛でグレ釣りですか!?v-405
初耳です。
いろいろな釣り方があって驚くことが度々あります。
世界一と言われる日本の釣り文化、その多様性は、
素晴らしいものがありますv-411

1360:ハナマルですね! by satonky on 2015/10/20 at 21:14:02

鼻の頭が丸いからハナマル。
おっちゃん様が先に書かれておられるように、正にその通りですね。

ちなみに和歌山市から紀東方面までは大抵ヘダイの小さいのは皆さんハナマルと呼ばれてます。

一夜干しにするとチヌとほぼ変わりませんので、是非次回は挑戦されて、食レポに至るまでの過程をお聞きしたいです。

私も最近は大した釣果も無く、ダンゴの配合にあれこれ試行錯誤してました。
(^_^;)
ようやく結論に達しましたので、次回からは釣果も出せるようになりたいですね(笑)

1362:satonkyさん by CFマスター on 2015/10/20 at 22:53:58 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

和歌山市から紀東方面までは、ハナマルなんですね。
知りませんでした。
ちなみに、今日また青岸に行ってきたのですが、あちらこちらで「ハナマル」と言っていました。
これまでは聞き流していただけなんですねv-408

ハナマル料理ですか・・・v-391
お持ち帰りサイズがなかなか釣れないのですが、次回釣れた時は、先日のような「塩焼き」でなく、ちょっと気合いれて料理してみようと思いますv-392

ダンゴの配合について結論が出たんですね!
『satonkyメソッド』楽しみにしています!v-410

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
90位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事