トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ハゼとテナガエビの料理編

みなさん、こんにちは。



先日、ラグビーのワールドカップで日本代表が世界ランク3位(現在は4位)の

南アフリカに歴史的勝利を収めたことが、大きな話題になりました。


俄然注目を浴びているワールドカップラグビーですが、わたしも含め大半の方は、

そんな大会が海外で行われていることすら知らなかったものと思います(^_^;)

年末年始の全国高校ラグビー(花園)や大学ラグビーの早慶戦をテレビで

時折見る程度で、正直ラグビーには詳しくありません。


そんなにわかファンの私でも先の南アフリカ戦はシビレルものがありました。

日本代表にはこの先も頑張ってまずはプール戦を突破して頂きたいと思います。

日本にとって楽な対戦相手など無いのでしょうが、この先に行われる

サモア(10月3日)、アメリカ(10月12日)両チームとはいい試合ができるものと思っています。


ところでワールドカップを見ているとニュージーランド(以下NZ)の

『オールブラックス』をはじめ南太平洋の島国である

サモア/トンガ/フィジーのチームで試合前に

HAKA(ハカ)と呼ばれる伝統的な舞踊を行うパフォーマンスが見られます。



以下、ご参考まで、ハカについて、Wikipediaからの引用です。

********引用ここから*********
本来はマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。
現在では国賓や海外からの訪問者を歓迎する舞として披露されるほか、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踏として有名である。英語で「ウォークライ(War Cry(闘いの雄叫び、日本語で「鬨ときの声」)と呼ばれる。
ニュージーランド・マオリ(ネイティブ・ニュージーランド人によるラグビーの代表チーム)が行ったことが起源で、ラグビーニュージーランド代表へと受け継がれた。パシフィック・アイランドのチームにもそれぞれのウォークライが存在し、トンガ、サモア、フィジーの各代表チーム、3カ国選抜チーム、パシフィックアイランダースも独自のウォークライを持ち、トンガは「シピタウ」、サモアは「シヴァタウ」、フィジーは「シンビ」と呼ばれる。
ハカはニュージーランドでは一般的な民族舞踊であり、現在では相手に対し敬意や感謝の意を表する舞として披露されることから、結婚式、葬儀、卒業式、開会式、歓迎式典など、あらゆる場面で目にする機会が多い。死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として葬儀でハカを舞うこともある。
********引用ここまで*********

Wikipediaの説明にもありますが、

HAKAはNZでは非常に一般的な文化の一つで、

日本人が盆踊りを踊れる位、もしかしたらそれ以上に

あちらの人は誰でも踊れる馴染みのあるものだと思います。

↓こんな動画がありました。



NZの高校にて、学校の関係者(恐らく先生)の死を弔うためのハカです。

高校生や同僚の先生方が、誰一人おちゃらけたり、白けたりすることもなく、

気持ちのこもったハカを舞っています。

あまりにも熱いハカを見て、感動的ですらあります。

自国の伝統的な文化を大事にするって、いいですよね。

我が国にある数々の伝統的文化も大事にしていきたいものです。




さて、本題です。

9月19日(土)に和歌山市紀の川で釣ったハゼ47匹と

その夜に同紀の川で掬ったテナガエビ8匹、

そして、追加で9月25日(金)に紀の川で掬ったテナガエビ8匹(計16匹)、

をまとめての料理編です。


まずは旬のハゼ

1_捌く前

今回は、大き目のものを天ぷらに、それ以外を南蛮漬けにしました。

クックパッドを見ると、ハゼの頭を落とす南蛮漬けばかりだったので、

わたしは敢えて頭を残しておきます。

内臓(胃腸)は、喉元を千切って、エラを掴んで抜き取ります。

4_胃腸取り出し

さすがに、ミミズやゴカイを食べていると考えると、胃腸は取っておきたい(^_^;)


あとは豆アジの南蛮漬けと同じ要領で作るのですが、

ハゼの揚げ時間を少し長目にして、しっかり骨まで火を通します。

出来上がったハゼの南蛮漬け、豆アジに負けず劣らず旨い!

美味しく頂きました(*^_^*)

IMG_6969.jpg


次に定番の天ぷらです。

IMG_6962.jpg

マイウ~(●^o^●)


背骨の素揚げもアテにピッタリ!(^o^)

IMG_6963.jpg


ハゼって、本当に美味しい魚ですね(^_-)-☆



そして、テナガエビの登場です。

↓こちらは2回目の成果です。

IMG_7062.jpg


テナガエビは、まず生きた状態で1-2日水道水につけて泥抜きをします。

泥が抜けたら、ボウルに入れて、料理酒投入。

メチャメチャ暴れるのですが、2分程で大人しくなり、5分もすれば完全に締まります。

(酒締め)

IMG_7099.jpg

ここまではどの料理でも一緒。


今回は、定番の素揚げ、アヒージョ、そしてテナガエビチリの3品を作りました。

まずは、素揚げ

IMG_2192.jpg

何もつけずに揚げて、塩を振るだけの簡単料理。

エビの旨みたっぷりでメチャウマダス!!(*^_^*)


そしてテナガエビと3種のキノコのアヒージョ

IMG_2191.jpg

エビが2匹だけでちょっと寂しい感じ(^_^;)

でもアヒージョはキノコだけでも美味しいので、

テナガエビが入って豪華感が増しています。

これもウマウマ(^o^)


最後に、テナガエビチリ

IMG_7127.jpg

普通にチリソースを作り、最後に素揚げしたテナガエビとごま油を追加して、

軽く混ぜ合わせて出来上がり。

間違いありません!キラリーン ( ̄∇ ̄+)



我ながらあっぱれ!

どれもこれも美味しくできましたよ(*^▽^*)



次回は、9月25日の加太釣行です。

今回は金欠の為、紀州釣り一本で行きました!(^_^;)

さて、その釣果は如何に?

請うご期待!




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーのタグ: テナガエビ ハゼ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1337:流石! by onisosu on 2015/09/28 at 20:35:21

いつ見させて頂いても素晴らしいお料理っ
レシピは独自ですよねぇ そこが凄いですよね

・・・・・・・・・・

ハカ 良いですねぇ
昔、テレビCMでも やっていましたよね

舞踊だったとは、、初めて知りました(^^

1338: by だんご on 2015/09/28 at 21:12:17

お酒で締めるんですね 知らなかったわ・・
いつも生きてるエビが怖くて
ギャーギャー言ってたんですけど
こういう方法があるんだ・・

お料理 凄いんですけどっ
殻の風味もプラスされて美味しそう・・
頭をソテーしてソースにしても美味しそう・・
あー久しぶりにお料理ちゃんとやりたくなってきましたっ

季節の変わり目って何か不調で
お料理も手抜きが続いてるんですが
ちょっとスイッチ入った・・かも 笑

ちなみにパパは坊主でした
補助金出したのに大損です 笑

1339:onisosuさん by CFマスター on 2015/09/28 at 21:51:00 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

今回の料理はいつになく上手く行きましたv-410
レシピは独自というか、一から自分で考えて作っているのではなく、
ベースとなる他人のレシピがあって、
それを自分なりにアレンジしている感じです。
「アレンジレシピ」ですねv-392

例えば、今回のテナガエビチリは、
料理研究家 栗原はるみさんのレシピをベースにしました。
はるみさんのレシピは間違いありません。
わたしも「CFマスターのレシピは間違いない」と
言われるようになりたいものですv-411


ハカ・・・いいですよね!?
相手を威嚇する方法としては全く日本的なものとは大違いですが、それがまたマオリらしくていいv-391

テレビCMは知りませんでした。(忘れているだけ?)
今回のワールドカップ、ハカを見るのが大きな楽しみになっていますv-392

1340:だんごさん by CFマスター on 2015/09/28 at 22:00:57 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

ちなみにこの酒締めですけど、
酒を投入する前にボールのフタ(ラップなど)をしておき、
その隙間から酒を投入します。
酒を投入した瞬間ものすごい暴れます。
フタが無いと多分全部どっかに跳ね飛んでしまいますv-411

わたしは、エビは殻ごと食べる主義?なので、
レシピも必然とそうなりました。
特に手長エビは、あの長い腕があって、はじめて
それらしく見えますからね。むき身にしたら、
他のエビと区別つかないv-408

エビは殻と頭にも旨みがありますよね。
「頭をソテーしてソースに・・・」なんて
わたしでは一生思いつきそうにないアイデアですv-408

ちょっとスイッチの入った、だんごさんの料理楽しみにしていますv-218v-392
ご主人ボーズは残念でしたが、
いつも美味しい手料理を食べられるご主人は幸せ者ですよv-410

1341: by ひろし on 2015/09/28 at 22:11:34

デカい落ちハゼの刺身はヒラメよりうまく絶品らしいですよ
活かして持って帰らないと無理みたいですが


1342:ひろしさん by CFマスター on 2015/09/28 at 23:20:58 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

デカい落ちハゼですか!
中々狙って釣るのは難しそうですねv-409
ハゼは生命力が強いので、
活かして持ち帰るのは
問題無いと思いますが、
問題はどこでどうやってつるか?
ですねv-408

機会があれば試してみたいと思いますv-410

1343:豪華❗️ by よしみず on 2015/09/29 at 14:12:02

こんにちは〜

エビ料理…なかなか豪華さがありますね〜

ハゼは美味しいですよね〜
南蛮に天ぷら…
あ〜食べたくなってきましたよ〜❗️

1344:よしみずさん by CFマスター on 2015/09/29 at 17:46:33 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

エビ料理・・・・豪華というか・・・
豪華風に繕いましたv-408
どれもやってみると簡単な料理ばかりです。

ただ、やはりどうしてもテナガエビの特徴でもある
長い手(歩脚)がすぐ切断されちゃうんですよね。
トカゲのしっぽみたいなものです。
多分料理の最後まで長い手が残っているのは
全体の半分位です。
そこが悩ましいけど、こればかりは難しい課題ですv-388

ハゼって、スーパーなどで手軽に買える魚でないですからね。
多分11月一杯までは行けますよ。
でも見事にタチウオシーズンと重なっているので、
特に関西ではタチウオにばかり注目されがちなのが残念v-408

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
918位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
112位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事