トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

野鯉の吸い込み釣りと手長エビ調査

みなさん、こんばんは。



今日はチャンネルを何度も変えながら、テレビに集中していました。

勿論釣りのテレビではなく^^;、

二つの世界戦大舞台の生中継放送が同時にあったのです。

一つは、18歳以下の野球ワールドカップ決勝米国戦、

そしてもう一つは、ワールドカップ女子バレー中国戦、

いずれもここに至るまで大会開始以来ずっと応援していたのですが、

結果は両方ともに惜敗・・・残念!(>_<)

それでも次の大会に期待させる素晴らしいプレーの数々。

選手達には惜しみない拍手を贈りたいと思います。

いい試合を見せてもらいました(*^_^*)




さて、本題です。

月初からは、例のアルバイトが始まったこともあり、

釣りには行けていないのですが、

先月22日に和歌山市紀の川釣行したときの話です。


わたしが紀の川で釣りをしたと書いたら、

チヌ釣りか?

ハゼ釣りか?

と思われる方が多いと思いますが、

今回は、完全淡水域でのを狙った「吸い込み釣り」です。

ポイントは、国道24号線を渡す紀州大橋の南岸下テトラ帯です。

紀の川地図
(地図をクリックすると大きな写真が開きます。地図上一番右側の橋です。)

左側を見た光景
IMG_6785.jpg

奥に阪和道を渡す紀ノ川橋が見えます。

更に、右側を見ると
IMG_6786.jpg

川面に空が写り込んで長閑な感じがします。



ちなみにこの日は、駐車スペースが分からなかったのと、

後に予定していたテナガエビ調査での機動力を重視した為、

久しぶりのバイク釣行。

現地到着したのは午後1時頃。

いつもの様にはやる気持ちも無く、のんびりと仕掛けを作ります。

竿は、伸ばしても2mちょっとの単竿。

そしてリールは4000番台のスピニングリール(ちょっとアンバランス(^_^;))

4号のナイロン道糸に中通しオモリを通し、

市販吸い込み釣り仕掛を接続して完了。

IMG_6801.jpg


餌は、用の粉餌にサナギ粉を混ぜ煉り合せたもの。

IMG_6803.jpg

現場で採取しようと考えていた太ミミズが取れなかった為、

刺し餌は何も無し。

5本の針を素のまま団子に中に入れます。



この団子を10m位先にボットンと落とし、後は待つだけ(^^)


実を言うと、80㎝台の大物を期待していたのだけど、

年に1回や2回パッと来て、釣れるようなもんではない(^_^;)

まあ、そりゃそうだと納得。



釣果としては、特にエキサイトするような場面は無く、

まずは40㎝台の

IMG_6805.jpg


次に、30㎝ちょっとのギンブナが外道として登場

IMG_6816.jpg


最後に、またまた40㎝台の

IMG_6826.jpg



今回のタックルで、40㎝台のでは、相手としておおいに不足あり(^_^;)

あっけない程簡単に寄せられる。

せめて60㎝以上のサイズが欲しかった・・・


それでも坊主でないだけ、マシ?

いやいや、人気の無い釣りだし、釣っても持ち帰る人はいないから、

魚影は濃いと感じた。

ここでボーズはまず無いと思う。

サイズに拘らなければ、面白い釣りができる場所。


次回は汽水域で、ハゼ釣りをやりながら、吸い込み釣りもやってみたい。

去年は、ハゼ釣りの最中に大きな鯉が回遊するのを何度も見ていた。

きっと大物が釣れるに違いない(*^_^*)


【2015年8月22日 紀の川釣果】

・鯉 x 2匹
 x 1匹





そして、この日はもう一つ別の目的を持って来ていました。

手長エビが紀の川で取れないのか、その事前調査です。


夕方、吸い込み釣りの納竿後、

近くの釣具屋で時間を潰す。(勿論買い物もしました)

そして、暗くなってから、紀の川の淡水域と汽水域の2か所で、

ヘッドライトを当てながら、手長エビが居ないか調査。


事前にネット情報をいろいろとリサーチしたのですが、

これという情報を見つけられず、紀の川でテナガエビが取れるのか、

どこで取れるのか、分からなかったので、自分で調査することに。


結果として、調査を行った両方のテトラ帯で、手長エビの生息を確認。

どこでも普通に取れることが分かりました(^_^;)

ただ、汽水域と淡水域を比べると、

汽水域の方が数が多かったように感じました。


次回は、実際に採取してみます。

結果をまた報告しますので、請うご期待!




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーのタグ: 吸い込み釣り 手長エビ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1319:調査‼️ by よしみず on 2015/09/07 at 10:45:29

マスターさん こんにちは〜

鯉の吸い込みですか〜⁉️
子供の頃太閤秀吉さんの堀でよく釣りましたよ〜
かなり大物も掛かって面白い釣りですよね〜
懐かしいな…

やりたくなってきました‼️

手長エビ調査ご苦労様でした〜
いるんですね…普通に❗️

次回の捕獲調査も期待しております〜
貴重な情報…ありがとうございます‼️

1320:今回は鯉ですかあ^^ by おっちゃん on 2015/09/07 at 19:31:02

CFマスターさん、こんばんは!

川の鯉釣りですが、80の大物も生息しているのですね(>_<)
パンの耳を細かくしてマキエにその中に釣り針を仕込んだパンの耳を一緒に流して釣るというのをどこかで見まして、面白いなあと思っていましたが、まだ手付かずです^^;;;

手長エビは食材としてもとても良さそうに思うオッサンです。
オッサンなら天ぷらでしょうか(涎;)
水槽で飼っている方がおられましたが、なんでも縄張り意識が強くて喧嘩ばっかりで長生きしてくれないのだとかでした^^;;;

1321:よしみずさん by CFマスター on 2015/09/07 at 21:43:21 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

大阪城の堀といえば、ウナギやナマズもいるとか?
どこかの河川と繋がっていたのでしょうか?
それとも誰かが放流した?
大阪城公園は、今では外国人で賑わう観光地ですが、
昔は地元の子供らの遊び場だったんですねv-410

吸い込み釣り、面白いですね~♪
これから涼しくなってくるし、
本読みながら・・・
昼寝しながら・・・
コーヒー飲みながら・・・
のんびりできる釣り。
そして大物が掛かればエキサイトできるしv-391

手長エビは、結構普通にいるもんですねv-408
次回は、多分大漁ですよv-221v-392
ただ、一つ気になるのは、子持ちがやたら多かったこと・・・
持ち帰れる個体は意外と少ないかも?v-388

1322:おっちゃんさん by CFマスター on 2015/09/07 at 22:04:18 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

どこの川か忘れましたが、
1m超の鯉が釣れることもあるようですよv-405
鯉の寿命は長いし、ある程度の大きさに成長したら、
後は外敵なし、育ち放題ってことでしょうかv-408

パンの耳で釣る方法、わたしもどこかで見たことがあります。
ある程度水深が浅いところなら、
簡単に釣れそうな気がしますv-391

わたしもやりたい釣りがまだまだ沢山あるのですが、
手付かずのものが多いですv-408
とりあえず、吸い込み釣りのボラバージョンを
考えていますv-411

手長エビの天ぷらいいですね~♪
わたしが考えているのは、素揚げがメインで、
後はアジア風の凝った料理にしようか今から考えています。
楽しみですv-410

おっしゃるように、手長エビは、結構共食いするみたいです。
同じエビでもミナミヌマエビなんかだと平和に共存しますが、
テナガエビは無理ですね。
どうしてこうも違うのか、面白いですねぇv-391

1323: by ごんやま on 2015/09/08 at 13:21:43

マスターさん
吸い込み針ってなつかしい~
小学生の頃サツマイモ茹でて角切りと
小麦粉とさなぎ粉混ぜてイモ練り作って
淀川に釣りに行ってました。
わんどの方が釣れるのに
ジェット天秤付けて本流に投げてましたわ。
手長エビ楽しみです。ガキ連れて行きたいな~

1324:ごんやまさん by CFマスター on 2015/09/08 at 22:22:24 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

吸い込み針、懐かしいですか?
確かに昔からありますよねv-410
ただ、わたしの故郷である北海道北部では、
鯉は滅多に釣れる魚でなくて、
吸い込み釣りは本で見るだけの世界でした。
でも私も小麦粉とさなぎ粉を混ぜた練エサを使って、
ギンブナは釣ってましたよ。
懐かしいですね~v-391

鯉は結構浅瀬に来ますからね。
吸い込み釣りは遠投不要かもv-408

手長エビ、もうしばらくお待ちください。
今月のアルバイトが終わってから、行ってきますね。
手遅れにならなければいいですがv-408

1325: by ボン on 2015/09/09 at 14:08:26

こんにちは♪
私は野球、娘はバレーで
チャンネルの取り合いでしたv-356

1326:ボンさん by CFマスター on 2015/09/09 at 18:06:15 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

家族でチャンネルの取り合いはツライっすね~
わたしは一人で何度もチャンネルを変えていましたよv-411

ボンさんが野球で、娘さんがバレー?
なんか逆のイメージがありますv-408

1327:初めてコメントします。 by タキ on 2015/09/17 at 18:16:41

吸い込み懐かしいです。
毎年紀ノ川にハゼつりに行っており、
ハゼ情報楽しみにしてます。

1328:タキさん by CFマスター on 2015/09/17 at 21:42:09 (コメント編集)

初コメありがとうございます。

吸い込み釣りが懐かしいという方は多いみたいですね。
今の若い方は淡水であればバス釣りという方が多いので
吸い込み釣りをやる人は殆どいないと思いますが、
ちょっと昔であれば吸い込み釣りも結構行われていたようですね。

毎年紀の川にハゼ釣り!?v-391
わたしにとっても秋の楽しみになったハゼ釣りですが、
紀ノ川でやるようになったのは一昨年からです。
もしかしたら、過去にお会いしているかもしれませんねv-410
今週末の土曜には、紀の川出撃を考えています。
結果は後に報告しますので、しばしお待ちくださいませv-392

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
815位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
104位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事