トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

やっぱり難しい紀州釣り(寝ウキ編)

みなさん、こんにちは。



まだまだ暑い日が続いておりますが、

今日の暑さは先週ほどの暴力的な暑さとは違って、

日陰ならまあなんとか凌げるような感じです。

それでも熱中症指数は『危険』レベル、

外出する際は要注意、水分と塩分の補給は欠かせません。



ところで先程まで高校野球をテレビで見ていたのですが、

応援をしていた北海道の2校、和歌山、奈良の代表校が

揃って一回戦負け・・・・なんとも寂しい今年の甲子園となってしまいました(T_T)

勝負事、勝つこともあれば、負けることもある、仕方ないですね。

これからはちょっと引いた位置から残りの試合を見守りたいと思います。




さて、本題です。

前回記事で、タコ釣りリベンジについて報告しましたが、

その同じ日、午後の部として、久しぶりの紀州釣りを楽しみました。


・・・というかそれほど楽しめなかったのですが(^_^;)、

一応報告させて頂きます。



遡ること2週間弱、7月28日(火)。

場所は勿論、和歌山市の青岸。

タコ釣りと同じ場所です。

車横付けできます。

IMG_6582.jpg

この場所、

水深が満潮時には10ヒロ(15m)程になる。

正直深い場所は好きでないのだけど、

場所移動するのも面倒。


そして今回初めてとなる『寝ウキ』を使った紀州釣りの場所としては

どうか・・・との思いもあったけど、場所移動の面倒さに負けた。

というか、タコ釣りで気持ち的に腹一杯になったので、

紀州釣りはオマケみたいな、

紀州釣り師からは怒られそうな心境にあったのも事実(^_^;)



ダンゴベースは、ヌカ・砂・押し麦・そして前回残しておいた

グレ用の集魚剤半パックを混ぜたもの。

IMG_6581.jpg

ダンゴの中にある刺しえさはいつものボイルオキアミ。



寝ウキは、今回300円位で購入したもの。

IMG_6580.jpg

棒ウキのフカセ釣りと比べて、エサも仕掛けも安く済むのは有り難い。

これで釣れればいいのだけど・・・・


そう簡単に釣れる程、紀州釣りは甘くない(^_^;)


まず、初めてなので、寝ウキの微妙なアタリが良く分からない・・・

海が凪いでいて、潮の動きが弱いときなら、

寝ウキの反応がまあまあ分かり易い。

でも、この場所、潮の動きが速く、そしてこの日は中潮ということもあって、

ウキがそもそも水面に寝てくれないことも多かった。

ウキの浮力の問題なのか・・・

かと言って、ウキフカセ釣りをやる人間にとっては、

ウキの浮力はできるだけ殺すのがセオリーとの考えもある。

それともウキ下を長くすべきなのか・・・

どこをどうバランス取るのか、正直よく分からない(^_^;)


そして、この日、寝ウキが立って、そのまま吸い込まれるような

分かり易いアタリは一度も無かった。

なので、ウキが立った時点でアワセを入れると、

IMG_6579_20150809145504235.jpg

20㎝を少し超えるような小さなキビレが釣れた。


他の外道が掛かることも一切無く、

次に釣れたのは、またもや小さなキビレ。



結局この日は、キビレ2枚だけに終わったのだけど、

IMG_6595.jpg

どちらともに、ハリが飲まれてお持ち帰りに。



自分としては、微妙なアタリを読み取って、

しっかり魚の口先にハリを掛けたいとの思いがあるので、

微妙なアタリが分かり難い・・・・というかヘタなだけなのですが(^_^;)

寝ウキでやって、ハリを飲まれるのは嫌やな・・・と思いました。



これからの課題としては、

1.合わすべきアタリを見極める目を持つ

2.ハリを飲まれない釣り方をマスターする

この二つが寝ウキ紀州釣りの課題・・・というところでしょうか。



【2015年7月28日(火)午後の部釣果(青岸)】

 ・キビレ x 2匹 (お持ち帰り)




ところで、余談ですが、この日和歌山市から奈良に帰る道中のことです。

午後5時半頃には納竿。

国道24号線を北上しつつ帰ったのですが、

和歌山市の中心部から紀の川市まで、

全ての交差点に警察官が配置されており、物々しい警備。

道も混んでいました。

最初は和歌山国体のマラソンでもやるのかな?(でも夕方に?)

とでも思っていたのですが、岩出市あたりから、大よその見当はつきました。

これを見たからです。

IMG_6584.jpg

どうやら、皇室の方が通るようです。

以前、わたしの自宅近くを天皇皇后両陛下が通られた際も似たようなことがありました。

IMG_6585.jpg


対向車線から、すれ違わないかな・・・・と期待していたのですが、

結局それもなく、帰宅。

帰ってからネットで調べたら、

わかやま国体に皇太子殿下が来られていたことわかりました。

それにしても凄い警備体制です。

恐らく今回も近隣の府県警察から応援に来ていたのでしょうが、

職務を全うした警察官の皆さんにはお疲れ様でしたと

言いたいです。




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーのタグ: 紀州釣り 寝ウキ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1276:暑いですね by アキラ on 2015/08/09 at 17:38:59

こんにちは
先日のタコ釣りの後に紀州釣りをされたのですね。
2枚なら十分な釣果だと思います。
暑いなかお疲れだったことでしょう。

ところで私はまだ青岸には行ったことないのですが、車横付けできる場所あるのですね。
満潮で10ヒロとはかなり深いですね。
このポイントで秋のタチウオは釣れたりするのでしょうか?
CFマスターさんはタチウオ釣りはされないとは思うのですが、情報お持ちなら教えてください。

1277:アキラさん by CFマスター on 2015/08/09 at 20:53:44 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

青岸でタチウオを狙うなら、車横付けポイント(大波止の根元)より、
その先の大波止のほうが良いかと思います。
今の時期でも夜には、ズラッとタチウオ釣りのウキが並ぶのも大波止です。

ただ、ポイントとしては、大波止も車横付けポイントも距離は離れていないので、どちらでも釣れるはずです。

ちなみに7月12日の記事に書いてますが、
夏場でもメータークラスのタチウオも上がっているようですよ。

1278:寝ウキ… by よしみず on 2015/08/09 at 22:34:05

マスターさん こんばんは〜

紀州釣りの寝ウキ…
ナニヤラ一筋縄ではないようですね〜
紀州釣りをした事がないので…ピンボケな質問かもしれませんが、寝ウキは団子がついてる時は、立っていて、団子が割れたら寝ウキになるのですか〜〜❓
しかし、アタリではないのに浮きが立ち上がったらアタリがわかりにくいですね…❓❓
いゃ〜でも、気の入っていない釣りで、2尾はお見事です‼️(⌒▽⌒)

1279:針を呑まれない釣法は by おっちゃん on 2015/08/09 at 22:34:58

正直難しいですね(>_<)

オッサンもカンヌキに針先が掛かった状態で釣る事を理想と考えているのですが、現実は理想に程遠く会得する事ができません^^;;;
CFマスターさんの考える所はきっとオッサンと同じ部分(リリースできる状態の維持みたいな^^)があると思いますので、オッサンがする方法を少し記述してみます。

普通に考えればチヌやエサとりの活性であるとか季節であるとか・・・
色々な要素の中での選択となり
ツケエサが一種類ならば、針の号数とウキ下の調整だと思うわけですが、、、
なかなか思うようにはいかないですね(>_<)

今回、行かれた場所は水深がある場所という事と潮流の影響も大であるという事ですのでオッサン的にはウキの反応が出易いタナとりでの釣りをすると思いますが、これも魚の活性次第で変わってしまうと思われます^^;

玉ウキであるとか太い寝ウキであるとかで釣りをする場合、魚がエサをつついたりすると高浮力であるので普通のウキより波紋が出やすいですね!
これを利用して前アタリと見たりします。

ただ、ウキ下のタナとりを詰めすぎると今度はエサが不自然になって魚がエサをつつかなくなります(>_<)
そうなると今度はタナを長くとってアタリがでる所を捜します。

アタリがでるタナでとりあえず一匹釣れるまで頑張ります^^
釣れた魚がエサを呑み込んで釣れたら、活性が高いと判断して早合わせで対応します。
でも半面針ハズレで魚を散らしてしまう事も多くなりますので、針の号数を上げる事でこれに対処します。
ただし、高活性の時は手の平サイズのチヌが4号のチヌ針を平気でくわえて釣れてくる事もあるので、これも完璧とはいえません(>_<)

あともう一つあるのは、針の返しを潰してしまう方法です。
呑み込まれても外し易いです^^

それともう一つはスレ針を使うというのも効果大ですね^^

ただ、フグに針をとられるような場所では貴重な針を失う事になります(>_<)

という事で非常に難しいというのがオッサンの考えです^^;

ちなみにチヌ針の返しを潰しても、それが原因で針ハズレしたとかは経験していません。
暇な時にラジオペンチでプチッとやってます^^

1280:よしみずさん by CFマスター on 2015/08/10 at 00:02:18 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

ご質問の『寝ウキは団子がついてる時は、立っていて、
団子が割れたら寝ウキになるのですか?』ですが、
正直知りませんv-408

棒ウキだと、ダンゴが割れたタイミングでウキトップが
水面に顔を出すように調整しますが、同じような感じで
寝ウキのダンゴが割れる前は、寝ウキが斜めに立っている状態で、
割れた後は、寝ウキが完全に寝る状態・・・にしてやってました。

でも本来どうあるべきか、そんな基本的なことすら知らなかったことに
今気が付きました・・・というか、
ダンゴが割れる前から寝ウキはずっと寝ているもんだと
決めつけていましたv-408

ダンゴが割れる前のアタリは、
ダンゴが魚に小突かれている状態なので、
あまり気にする必要はないかと・・・
うんうん・・・多分そうなんだと思いますv-408

1281:おっちゃんさん by CFマスター on 2015/08/10 at 00:13:07 (コメント編集)

コメントおよびご指導ありがとうございます!

おっしゃるように、わたしも魚はリリースできる状態で
釣るのが理想だと思っています。
実際にリリースするかどうかは別として、
はなから針を飲まれたら、持ち帰るしか選択肢が残されていませんからね。
お腹が特大の卵持ちチヌにハリを飲まれたら
ちょっと後悔というか自己嫌悪に陥りそうですv-409

実際には難しいとしても寝ウキでもハリを飲まれないように
釣る方法があることに安心しました。
正直ご説明頂いたことを100%理解している自信はありませんが、
次回の寝ウキ紀州釣りでは確実に『引き出し』が増えました。
ありがとうございます!v-411
実践あるのみ!ですね。

次は加太などの浅い場所でやってみたいです。
青岸ではボラすら釣れなかったことにすっかり自信を無くしてしまいました。
次回こそは、まずボラでしょうか!?v-408
・・・といいつつ、やっぱりフカセ釣りもやりたい
欲張りなCFマスターですv-408

1282:そうなんですね by アキラ on 2015/08/10 at 18:33:13

CFマスターさん、情報ありがとうございます(^_^)
青岸の先端が良さそうですね。
土日は何処も混みますから少しでも空いてるポイントで釣りたいなと思ってます。
九月になればいよいよ私の好きなタチウオシーズンイン。
今から楽しみにです♪

1283:アキラさん by CFマスター on 2015/08/10 at 21:57:56 (コメント編集)

確かにタチウオが釣れる場所は、どこも混みますね。
でもそれは釣れる証だから仕方ありません。
ドラゴン級タチウオがジャンジャン釣れるといいですねv-411

1284:頑張ります by アキラ on 2015/08/11 at 03:55:13

CFマスターさん、おはようございます。タチウオは人気の釣りのひとつですからほんとに混みます。
まだドラゴンは釣ったことないですけど、今年は釣りに行ける回数は少なくなりそうですが頑張ります。

1285: by ボン on 2015/08/11 at 09:03:53

こんにちは。
和歌山って暑いんですね。
鹿児島の方々が国体応援で
数名ダウンしたとか、聞きました^^;
(旅行疲れもあったのかもしれませんが)

鹿児島実業、残っております。
よろしければ応援お願いします!!

1286:ボンさん by CFマスター on 2015/08/11 at 19:24:06 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

和歌山が暑いといっても鹿児島とそう変わらないのではないでしょうか?
わたしは鹿児島に行ったことが無いので、よくわかりませんv-408
多分、和歌山が暑いというより、今年の日本の夏が暑い暑過ぎる
ということだと思いますv-393

鹿児島実業・・・・北海高校がコテンパンにやられましたねv-408
勿論応援させて頂きますよ。
できるだけ上に行ってくれないと、北海高校が報われませんからv-410

1287:お疲れ様でした! by satonky on 2015/08/12 at 18:22:30

寝ウキって、長さやテコの原理で何処を支点にするのか、浮力、感度の良さ等で色んなタイプがあり、そして色んな表情を見せてくれます!

なので私も寝ウキが大好きです(^O^)

けれどもなかなかアタリを明確に出して貰えるようになるまで、試行錯誤を繰り返して時間がかかりますね。

でもまたそれも楽しいと感じてます!(^。^)

今年は水温が高いですねー!
そろそろイガイも落ち出しましたから、紀州にも分がある季節になりそうですね。

私もこの週末は頑張りたいです(^_^)

1288:satonkyさん by CFマスター on 2015/08/14 at 09:26:33 (コメント編集)

コメントありがとうございました。

釣具屋で寝ウキを見ましたが、いろいろありますね。
ただ、各商品の特徴の説明があまり無いので、素人には困ります。
自分で使って判断しろということでしょうか。
なので、まずは安いやつからスタートしたのですが、
これが良かったのか悪かったのか、まだ判断できる
ような経験がありませんv-408

記事にも書きましたが、明確なアタリが一度も無かったのです。
やっぱり腕に問題なんですね・・・
他の釣りもやりながら、寝ウキ紀州釣りも・・・
って、いつになっても腕が上がりそうな気がしませんv-408
でもおっしゃるように、難しいからこそ、楽しいのでしょうね。
寝ウキ紀州釣りの面白さがさっぱり分かっていない私にも
それは分かる様な気がしますv-410

この週末!釣果報告楽しみにしています!v-411

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
90位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事