トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

子供は残酷!?

みなさん、こんにちは。


今日は、日曜日で、天気も良く、

釣りに行った!という人も多いのでしょうね。

和歌山では豆アジが釣れているようですし、

間もなく梅雨に入るとタコもよく釣れるようになります。

これからは釣りの選択肢が増えるので嬉しいですね。

今週は、平日に「手長エビ釣り」に行こうと思っています。

初の手長エビ釣り、どうなるでしょうか?^^;

そして、週末(次の日曜日)には、わたしには珍しく複数人での釣行です。

友人・知人達とサビキ釣りに出かけます。

今回は初心者もいるので、何としてでも釣らせて、

釣りファンを増やしたいと思います^^



さて、本題ですが、今回は趣向を変えて、

アンケート調査をしたいと思います。

よろしければ、ご協力ください。


記事のタイトルにある「子供は残酷!?」についてですが、

わたしが実際に経験(見た・聞いた・やった^^;)したこと、

つまり子供が魚に対して行った残酷な行為、

事例を3つを上げますので、どの子供(A,B,C)が一番残酷か?

というアンケートです^^;(事例の下にアンケート票があります)


どの子供も小学生位の男の子をイメージしてください。


【子供Aのケース】

Aは、母親と二人で海釣りに来ていた。
大きなフグを釣った。
しばらくバケツに入れてみていたが、
持ち帰れないとわかったので、地面に転がしておいた。
釣りのほうはさっぱりで、暇を持て余したAは、
近くに落ちていた棒を使って、フグを持ち上げては、
野球ノックのごとく、強烈に殴打しはじめた。
時には、ゴルフボールのように転がしながら、
スイングして棒を打ち付けた。
フグはなかなか死なないので、
死ぬまでやろうとしたが、母親が「いい加減にやめなさい!」
と切れたので、仕方なく止めた。
(母親は途中途中で、「止めなさい!」と叱りつけていたが、
子供は止めなかった。母親はAの行為そのものに対してでなく、
自分の「止めなさい!」という言葉を無視した子供に
切れたのでした)



【子供Bのケース】

Bにとって、海は自分の遊び場そのものだった。
釣りをすれば、簡単にフグやら、ウナギやらが釣れる海だ。
Bは知っていた。
釣ったフグ(比較的小さいやつ)を膨らますんだ。
そして、地面に転がし、
ブシューッって、空気が抜ける前に、
思いっきり足で踏むんだ。
そしたら、バン!って、すごい音がするんだ。
友達みんなそうやって遊んでいたんだ。
フグの体はぐちゃぐちゃになるけど、
その時は残酷だなんて思ってなかった。


【子供Cのケース】

Cは友達と川釣りに行った。
よく行くいつもの川だ。
その時に釣った魚はウグイだ。
そして、たまたま爆竹ももっていた。
Cは友達と面白がって、
「魚の口に爆竹を指して、爆破するとどうなるか、
やってみよう!」と話した。
一人は、爆竹挿入係、もう一人が着火係だ。
爆竹がバン!となると、
魚の頭はみごとに粉砕されていた。
Cと友達は、役割を交替しながら、
何度かそれを行った。
その時は残酷だなんて思ったことがなかった。


下のアンケート票の「投票」の列にある
該当ボックスをクリックして、表の下にある
「投票する」ボタンをクリックすると投票できます。

よろしければ、何故それに投票したか、
その理由をコメントで教えて頂ければありがたいです。
勿論、投票だけでも嬉しいです。
(状況説明に不明点がある場合はコメントにてお知らせください)



<アンケート投票>



投票したら、すぐにグラフに反映されます。
現在表示されているグラフが現時点での最新ということになります。


次回、または次々回に、子供A,B,Cの正体を明かして、
わたしなりの考え方、そして釈明も^^;したいと思います。
(個人名は公開しません)


補足: 当アンケートは、特定の人や現時点のおいて「子供」と言われる
     年頃の人達を誹謗・中傷する目的は全くありません。
     今も昔も大人だけでなく、子供も残酷な面を持っていると思いますし、
     そのことについて、ここで何か特別に問題提議をする意図もありません。



     
CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーのタグ: 残酷
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
459: by 釣れないだんご on 2014/05/26 at 19:57:42

こんばんわ(*^^*)

話が違うかもしれませんが、

昔猫好きの彼女がおりまして一度だけ釣りに行った時に堤防に住み着いた猫にリリースサイズのキビレを
生きたまま与えてむさぼりつく猫を愛おしそうな顔をしながら眺めている姿が印象的で未だに堤防で思い出すときがあります。

その時に人の価値観によって判断が大きく別れるのだと痛感しました。

460: by ボン on 2014/05/26 at 20:10:00

私にとっては
死ぬまでしようと言う言葉が印象に残りました^^;
私もみの虫で。。いろんな事をしました。
その時は理科の観察のつもりでしたが
今思えば
残酷そのものじゃ〜〜v-12

462:釣れないだんごさん by CFマスター on 2014/05/26 at 23:40:03 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

仰るとおり、生物に対する殺生行為は、
人の価値観によって残酷であったり、
そうでなかったりしますよね。

そこに特定の動物や特定の個体に対する
愛着有無などが加わってくると
大変複雑なことになる・・・(@。@)

昔の彼女さんと猫とキビレの話、
人間って、そういうことよくありますよね^^

463:ボンさん by CFマスター on 2014/05/26 at 23:45:29 (コメント編集)

コメントありがとうございます。

ということは、Aに投票頂いたんですね。

みの虫でいろいろな事?

虫系でいうと、
アリ地獄の溝にアリを落としてみたり、
蜘蛛の巣に蝶やとんぼを付けてみたり、
外で遊ぶのが当たり前の年代の人は、
なんかかんかやっていると思います^^;

そうやって少しずつ生命について
学んでいくものだと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
853位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
116位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事