トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

料理は見映えも大事なり

みなさん、こんにちは。


5月も後半に入り、気温30度を超えるようになっては、

春はとっくに終わった感が強いですね。

春と言えば、野草が楽しめるシーズン。

以前、つくし・スギナ・フキノトウを料理した写真を紹介しましたが、

もう一つの定番があります。

P_20180408_180258.jpg

そう!タンポポの葉です。

タンポポは、葉の他、花や根も食べられるといいますが、

わたしは専ら葉っぱを食べています。


持ち帰った葉っぱをしばらく水に漬けておき、

後はホウレンソウと同じ要領で、

タンポポのおひたし

P_20180408_191324.jpg

これにかつお節をふり、醤油を掛けて食べます。

ほのかに苦みがあり、美味しい!

ゼロ円食材、楽しまない手はないですよね(*^^*)




さて、本題です。

和歌山市加太港での紀州釣り、

持ち帰った食材の料理編です。


食材は、

IMG_2141.jpg

ボラ、キビレ、キス、そしてボラから摘出した「ボラのへそ」(そろばん珠)

現場でこの状態にして持ち帰りました。




キビレの頭を落とすと、飲まれたハリがΣ(゚Д゚)

IMG_2143.jpg

家でさばく時に、取り除けばいいや

って、釣りの現場でなんども呪文のように唱えたのですが、

やっぱりというか、

物忘れの激しいわたしは、

この瞬間までハリの存在を忘れていました(^_^;)


<今日の教訓>

『飲まれたハリは、現場で取り除いておくこと!』



わたしの様にアラまで食べる人は、特に要注意です。




話変わって、

今回新兵器を用意しました。

IMG_2142.jpg

複数のブロ友さんがオススメしていた、

この脱水シート。

アマゾンで購入して、使ってみました。


最初は一夜干しに使うのかな、と思っていたのですが、

刺身(20分~1時間)
焼き魚(1~3時間)
など、挟む時間によって、いろいろな料理法に対応する優れもの。

箱の説明書きによると、

分子が小さい水分や生臭み成分(アンモニア、トリメチルアミンなど)を吸収して、分子が大きい旨み成分(アミノ酸、核酸など)は素材に残るのだそうです。

スゴイですね~

つまり魚の旨みを残して、余計な水分や臭みを取り除いてくれるんです。


このピチット脱水シート、今回は刺身に使ってみました。

IMG_2144.jpg

キスとキビレの刺身は、シートに挟んだ写真を撮り忘れました(^_^;)

そして、ボラ(半身分)は、こんな感じで挟みました。

IMG_2146.jpg



ボラの残りは、皮付きのまま挟んで、冷凍です。

IMG_2147.jpg

※シートに挟んだまま冷凍していいのか、不明ですので、マネしないでください(^_^;)



脱水(今回は30分程度)してから、柵を切り、

ボラ・キビレ・キスの刺身盛り合わせを作りました。

IMG_2156.jpg
(左から、キス、ボラ、キビレ、ボラのへその順)

今回、見栄えを重要視しました。

なのに、あまりキレイにできませんね(^_^;)

触れば触るほど、「キレイ」から離れていきます・・・

でも教訓を得ました。


<今日の教訓その2>

『刺身盛り合わせは、最初に出来上がりイメージを明確にしておくこと!』



今回のわたしの様に、行き当たりばったりで、こうかな?どうかな?

なんてやってると、段々きたなくなってきます(^_^;)



今回、刺身の「ツマ」もいつもより凝ってみました。

IMG_2152.jpg

小さな葉っぱは、大根の若葉。

大きな葉っぱは、ギシギシ(野草)の若葉。
(大葉を買い忘れて、急場しのぎで(^_^;))

あまり見えませんが、細切り大根も敷いています。

そして、上の写真、左下に見えているキュウリで作った葉っぱ。

手間の掛かるツマ作り、結構面白い(*^_^*)

次は、何を作ろうかな。




メインの刺身盛り合わせと冷凍中のボラ半身以外は、基本残り物です。

残り物で作ったのが、

ボラ皮の湯引き

IMG_2149.jpg

今回は、ポン酢と一味唐辛子で味付けしました。

お酒のアテに最高の一品です。

レシピはこちら



全てのアラをごちゃまぜに、

IMG_2164.jpg


ボラ・キビレ・キスのアラ煮

IMG_2165.jpg

まいう~(●^o^●)



最後に、柵の端など形の悪い切り身を集めて、

ボラ・キビレ・キス・ボラのへその漬け丼

IMG_2168.jpg

味付けは、醤油・ニンニク・生姜で、一晩漬けました。

付け合わせで、自家製高菜とフキの煮付け。

この地味だけど、美味しそうな感じが、

台湾の弁当に通じるものがあると思うのは私だけでしょうか。



今回の料理編は学びの多いものでした。

次回以降に活かしていきたいと思います。




CFマスター
このエントリーをはてなブックマークに追加

食材あれど不満は募るばかりなり

みなさん、こんばんは。



GW中のことですが、お隣橿原神宮にて、「大陶器市」が開催されていました。

P_20180428_140223.jpg

年一回?のお楽しみ。

今回もいろいろ欲しい器があったけど、

買ったのは、控えめにこれだけ↓

P_20180428_161736.jpg

小さ目の皿2種類、お椀1つ、そして植物を差して置ける石?

全部で1400円也。

いつか料理編で登場させる予定です。




さて、本題です。

4月26日(木)

報告遅れましたが、

わたしのホームグラウンドである和歌山県加太港に行ってきました。

前回は夜釣りだったので、今回は日中紀州釣りでチヌとボラを狙います。


釣り場に到着したのは、午前7時頃。

広場裏。

IMG_2113.jpg

相変わらず人が少ないところです。

IMG_2115.jpg


遠くに見える大波止もいつもより少な目ですね。

IMG_2116.jpg



今回、たまたま釣具屋で目についたこんなものを買ってみました。

IMG_2114.jpg

真っ赤な麦です。


紀州釣りのだんごベースに混ぜると、

IMG_2117.jpg

すごい映えます!

これは釣れるに違いない!(但し、根拠なし)



海を見ても、前日朝方までの雨の影響で、

大きな川が近くにない加太港でも少し濁りが入っています。

IMG_2118.jpg

いい感じ~

これで釣れなきゃ腕の問題だろ・・・・・(後に自爆)




ダンゴを空で3投してから、まずは朝食タイム。

IMG_2119.jpg

以前紹介したローソンのLチキ手作りバーガー。

マイウ~(●^o^●)



午前8時頃に第一投。


そこから1時間位、何も起こらず。

アタリ無し、エサ丸残り。


午前9時頃。

最初のアタリに合わせると、

IMG_2120.jpg

ちっさいキス。(リリース)

よし、パーフェクトボウズ回避成功!(*^▽^*) ←喜ぶところでない



またしばらくしてから、

今度はグーフー

IMG_2125.jpg



そして、またしばらくしてから、

キスアゲイン

IMG_2132.jpg

今度はいいサイズなので、キープ。


このキスの写真を撮っていると、

視界に誰かが入ってきた。

こっちに歩いてくる


地元のオッチャンかな・・・・・

キス一匹位で見に来なくていいのに(^_^;)


と思いつつ振り向いてみると

IMG_2129.jpg

うん!?

sagi_walking.jpg


お前か!(;゚Д゚)



鳥なら飛んでこいよ!(」゚ロ゚)」 まじで

オッサンかと思ったやん

IMG_2130.jpg



そんな彼も魚を貰えないと分かると、

やっぱり鳥だったらしく、飛んでいきました。



この時点で、時計を見ると、正午近く。

つまり4時間経って、

キス2匹とフグしか釣ってない(^_^;)

それも投下したダンゴが自然に崩れてからのアタリばかり。


2本セット400円の寝ウキは、静かなまま。

IMG_2134.jpg




ところが、正午を30分程過ぎた頃から、

寝ウキが俄然賑やかに動くようになる。

ボラさん達が大集合したようです。


ボラが集まりだすと、ダンゴを崩してくれるので、差しえさ露出が早くなる。

つまり手返し時間が俄然早くなります。


それから1回2回と明らかにボラと分かる引き方をする大物を逃がす。

そして3度目の正直、

IMG_2128.jpg

ボラげっとー!

大物!と思ったけど、上げてみると50cmしかなかった・・・・

それでもいい食材です。

下処理してクーラーボックスIN。


その後も寝ウキは賑やかに動くものの、

ボラすら掛からなくなり、

時間は無情に過ぎていく・・・・

IMG_2135.jpg

薄暗くなってきて、

集中力が切れてきたので、

お遊びで際にダンゴを落としてみる。


そうすると、繊細なアタリが!


IMG_2136.jpg

ちっさいハオコゼ

まあ、想像ついたけどね(-_-;)



暗くなってからも釣りは続けます。

実は、今回一つ試してみたいことがあったのです。


紀州釣りが終わった後って、

海底にいい感じのヌカ床ができています。

暗くなってから、警戒が解けたお魚さん達が沢山そのヌカ床に集まってくるのでは?

と思ったわけです。

寝ウキは見えないので、ウキを外し、竿先でアタリを見る紀州釣りに変更します。


投入したダンゴの重さで少し竿先がしなった状態をキープ。

そして、差しえさがダンゴから離れた時に、竿先がゆるくなる。

それからのアタリに合わせる、という感じ。



予想通り、アタリが多い。

何度か空振りした後にやっと待望のお魚さん。

IMG_2138.jpg

う~~ん・・・・・本命ではないものの、イエローチヌでした。

サイズは28㎝。

小ぶりだけど、お持ち帰りです。


ホントはもう少し続けたかったけど、

この時既に午後8時・・・・なんと12時間も釣りしてます(≧◇≦)

そんだけやれば、釣れるだろ!という外野の声が聞こえてきそうです (>_<)


まあまあの食材はゲットできたもの、

IMG_2140.jpg

しばらくチヌの顏を見ていないので、ストレスタマリマス・・・・・



【2018年4月26日和歌山市加太港釣果】

・ボラ x 1
・キビレ x 1
・キス x 2
・グーフー x 1
・ハオコゼ x 1




次回は、料理編です。


CFマスター
このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりシロウトはシロウトのレベルを出ない料理編

みなさん、こんにちは。


GWは如何お過ごしでしょうか。

9連休で長期休暇を満喫した方、カレンダー通りだった方、ほとんど休めなかった方、人それぞれだと思います。

わたしはGWはあまり関係ないので、いつも通りに過ごしました。

旅行に行くような身分でないし、

たまに釣り行ったり、

近場を散策したりする程度です。


その散策で、昨日近くの岡寺(明日香村)に行ってきました。

入口近くで、いつもより人が多いのに驚き、

やはりGWだもんな・・・・

などと思いながら入場。

するとすぐに、人が多い理由がわかりました。

これです↓

P_20180506_142538.jpg

あちらこちらで花を浮かべています。

P_20180506_142349.jpg

花の種類には疎いので、わかりませんが、綺麗ですね~

P_20180506_150107.jpg

沢山の人が写真撮ってます。

これが良く言う「インスタ映えする」ということなんでしょうね。
(わたしはインスタやってません)

「岡寺(おかでら)」はこの辺でのオススメスポットの一つです。

機会あれば、是非お越しください。



さて、本題です。

今回は、4月19日釣果の料理編です。

食材は、こちら。

IMG_2091.jpg

50㎝のクロアナゴと20㎝のガシラ2匹。

クロアナゴは、現場で頭と内臓を落としてあります。

ガシラも処理済み。

わたしの夜釣りスタイルは、「待ち」の釣りが多いので、時間のある時に釣れた魚をさばいてしまいます。



まずは、クロアナゴ。

マアナゴ同様に美味しい魚です。

ただ、マアナゴと比べて大型になる分、小骨の処理が大事になる魚です。

でも今回はサイズも小さいので、あまり気にしません。


といいつつ、楽をしてしまいました(^_^;)

それぞれの半身を5mm幅に切り、

IMG_2092.jpg

一度軽く湯掻いて残ったヌメリと灰汁を取り、

醤油とみりんの黄金ダレで煮詰める。

IMG_2096.jpg

あれま!

大分小さく出来てしまいました。

IMG_2104.jpg

メインディッシュというより、小鉢の一品です(^_^;)



次はガシラです。

一匹は、切り身にして、

IMG_2106.jpg

マッシュルームと一緒に、アヒージョです。

IMG_2110.jpg

色のメリハリがありませんが、

味は最高です!

っていうか、アヒージョって簡単だけど、旨いんですよね。


そして、もう一匹のガシラは、

姿造りに挑戦!


どうだ!

P_20180507_153032.jpg




なんてね  (ノ≧ڡ≦)てへぺろ

P_20180507_153042.jpg

プロの出来栄えは、素晴らしいですね。



で、シロウトが初挑戦したら、こうなりました。

IMG_2099.jpg

お店では出せませんね(^_^;)

尾びれの向きが不自然だし・・・

でも一日置いてから作ったので、いい感じにしっとり柔らかくなってウマウマでした(●^o^●)



最後に、全部のアラを集めて

IMG_2105_20180507170518618.jpg

ガシラの頭はパカッと割って、

全部に軽く塩を振って、素揚げ。

IMG_2107.jpg

ガシラとクロアナゴのアラがごちゃまぜです。

見映えは気にしない、旨いアテができました。



次の料理編は、もう少し見映えを気にしたいと思います。


実は、次の釣行、そして料理も済んでいます。


次回、和歌山釣行報告、乞うご期待!



CFマスター
このエントリーをはてなブックマークに追加

ギョギョギョ!まさかの獲物に驚き、事実を知って大後悔・・・

みなさん、こんばんは。


前回の記事では、次回の釣行を「淡水釣り」と書きましたが、やはり食べられる魚を釣りたい!
ということで、海釣りに変更しました。
それも夜釣りです。

わたしが当初予定していた淡水釣りは、用水路釣り。
水が綺麗でないのがネック。
水が綺麗なら淡水魚でもあまり抵抗なく食べられるのだけど。

ただ、今年のテーマの一つは『淡水魚を食べる』なので、いずれバカスカ釣れる時期に沢山釣ろうと思います。


早速本題です。

4月19日(木)の昼過ぎに奈良を出発。

和歌山市内のローソンでまずは腹ごしらえ。

買ったのは、今、マイブームのこれ。

IMG_2044.jpg

LチキとLチキを挟んで食べる為に開発・販売されているパン。

この二つを買うとタルタルソースが付いてくる。


で、当然ですが、ハンバーガーを作るわけです。

IMG_2045.jpg

この自分で作って食べるハンバーガーがメチャメチャ旨い!(*^▽^*)

例えれば、ジューシーな鶏のから揚げで白飯を食べる旨さ・・・かな(^_^;)

レタスもトマトも無いけど、栄養のバランスは取れてないけど、余計なものは要らない。

これはこれで最高に旨い。

っていうか、テイクアウトのハンバーガーで栄養のバランスを取るというのがそもそも無理がある。

御慰め程度に挟むなら、無いほうがいい。


手作りローソンバーガー、機会あれば、是非お試しください。

ローソンのレジで”CFマスターのオススメで”と言って頂ければ、50円安く・・・・・なりません(≧◇≦)



腹ごなしした後は、エサ屋さんで青イソメとアミエビを購入。

夜までは時間があるので、紀の川周辺を偵察。

堰堤より上流では、鯉や鮒を釣るのに良さそうな場所を発見。

・・・でも和歌山まで来たら、やっぱり海だろ(^_^;)

強いていえば、汽水域のハゼやテナガエビ釣りかな。

鯉や鮒を釣るなら、奈良で十分だし。


適当に時間を潰して、まだ明るい午後5時には紀の川河口(青岸)に到着。

IMG_2082.jpg
(この写真は次の日に撮影)

車横付けポイントに陣取り、ゆっくりと準備に取り掛かる。


この日は、自作投光器を焚いて、水面で太刀魚釣り。
投光器の自作方法はこちら

IMG_2059.jpg

底では穴子釣り(エサは、キビナゴと青イソメ)。

IMG_2064.jpg

2種類の長物狙いとしました。


投光器を焚いてしばらくすると小さな魚が沢山集まってくる。

次に、その小魚を狙って、太刀魚やカマスなどが現れる。


結果を先に書くと、太刀魚は一匹も釣れませんでした(≧◇≦)

この時期、投光器の光に寄ってくる太刀魚はどれも小型(50㎝以下)。

ひっきりなしに、水面に現れるもののハリとエサ(キビナゴ)が大きいせいか釣れない。

後で思ったのは、以前やったように、普通の一本針で、オキアミ付けてやれば、沢山釣れたのではないか。

久しぶりの太刀魚釣りだったから、そんなことも忘れていた。

まあ、でも釣っても料理に困るようなサイズだけどね。



見えるのに釣れない状況にイライラしつつも、底釣りでは安定のガシラちゃん登場!

IMG_2069.jpg

小さく見えるけど、一応20㎝なので、持ち帰る為スカリに入れておく。


日が変わる前に釣れたのは、この一匹だけ。

でも夜釣りはこれからです。



しばらくすると、全く同サイズのガシラちゃんゲット!

IMG_2074.jpg

これもスカリにIN。



そして午前1時前に、やっとこさの穴子

IMG_2073.jpg

でも残念ながら、やはり黒穴子だった(^_^;)

変な所にハリが掛かっている。

仕掛けは見ての通りで、中通しオモリを使ったすごくシンプルなやつ。




そして、この日のクライマックス。

少し離れたところで仕掛けを垂らしていた竿に付けていた鈴が鳴る。

穴子のような賑やかなアタリでなく、引いたり、引かなかったり、と控えめなアタリ。

竿先がジワッと沈んだところで、渾身のアワセ!


なんか重たいもんが掛かった!

重たいけど、あまり暴れない。

水面まで上がったけど、暗くてわからない。

竿をクレーンのようにして、獲物を持ち上げる。



ギョギョギョ!伊勢海老キター!Σ(゚□゚(゚□゚*)

IMG_2075.jpg

それも結構デカい!

P_20180420_004818.jpg

・・・でもな。

さすがに伊勢海老は禁漁だよな・・・

人が来てプチ騒ぎにならないうちに逃がそう。

ボッチャン!


我ながら、まじめだな(^_^;)

ところが、後に、このリリース行為を後悔することに・・・・(後程解説します)



この後に釣れたのは、

ちょっとだけやってみたサビキ釣りで掛かったクサフグ

IMG_2077.jpg


そして、ミニサイズのガシラちゃん

IMG_2081.jpg



午前2時頃に一度時合いが来たけど、上手く掛けることができず。

午前3時以降は、アタリも無くなる。

午前4時から少しずつ片付けはじめ、

少し明るくなってきた午前5時には完全納竿。



その後、場所を変え、ちょっとだけタコ釣りやってみたけど、アタリないので、すぐに止めた。


3時間程、車内で寝てから、帰途につきました。


帰りの運転中、フッと気が付きました。

「そういえば、紀の川河口域は漁業権設定されていなかったよな」

もしかして、リリースする必要なかったか?

・・・でも和歌山県の規則あるし・・・

モヤモヤしながら、帰宅後ネットで調べてみる。

和歌山県漁業調整規則
によると伊勢海老で採捕が禁止されているのは、
[期間] 5月1日から9月15日まで
[サイズ] 体長 15センチメートル以下


・・・ってことは、

持って帰って良かったんだ~(。>(ェ)<。)エエェェェ


一旦スカリに入れて、その場で調べてみれば良かった。

後悔しまくり、の釣行でした。



注:この場所で伊勢海老は狙っても釣れません。釣れたのは、マグレです(^_^;)


【2018年4月19日20日 和歌山市青岸夜釣り釣果】

・ガシラ(カサゴ) x 3匹(内2匹お持ち帰り)
・クロアナゴ x 1匹(持ち帰り)
・伊勢海老 x 1匹(リリース)
・クサフグ x 1匹(リリース)


次回は、料理編です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

初釣り&初撃沈 ○| ̄|_

みなさん、こんにちは。


昨日の月末土曜日は、近くの公園で恒例の花見に行ってきました。

その公園にいく途中に久米寺を通過。

P_20180327_182127.jpg

境内の桜も綺麗です。

P_20180327_182203.jpg

ユキヤナギもお見事。



最近、久米寺に住み着いて参拝客のアイドルになっている猫は、いい気分で寝ています。

P_20180331_120413.jpg



久米寺の隣にある公園が目的地。

P_20180331_135348.jpg

満開を少し過ぎたタイミングで、いい感じで桜吹雪が舞っています(*^_^*)

いつもは花見客の少ない穴場的な場所なのですが、今年は休みと天気がピッタリ合ったので、そこそこの花見客が居てます。

P_20180331_135354.jpg

多分地元の子供らなのでしょうが、達磨さんが転んだ、などで遊んでいて楽しそうです。

微笑ましい日本の花見風景がここにありました。

ちなみにこの公園にはゴミ箱は設置されていないのですが、花見後にゴミが散乱しているということもありません。

何もない公園ですが、地元の人達によって上手に使われています。




さて、本題です。

3月29日(水)

待ちに待った初釣りに行ってきました。

奈良を出たのは、午前5時頃。

京奈和道を南下。

御所南と五条北が繋がったので、快適です。

飛ばさなくても1時間程で岩出・根来ICまで行けます。


途中、日の出が綺麗だったので、車内で撮影。

P_20180328_060853.jpg

綺麗さが全く伝わらない写真ですみません(^_^;)



途中和歌山IC近くのエサ屋さんで、オキアミ・アミエビ・集魚剤などを買って、釣り場であるホームグラウンド加太港に到着したのは、午前7時頃。

いつもの広場裏のポイントです。

IMG_2020.jpg

誰もいませんね。

IMG_2019.jpg


いつも釣り師で賑わう大波止を見ると、人は少ないようです。

P_20180328_072907.jpg




この日は紀州釣りです。

午前8時頃から、ダンゴを投入開始。

その後1時間、アタリも何も無し。


午前9時を過ぎたあたりから、エサを齧られるようになる。

よしよしと思ったのも束の間、

しばらくして釣れたのは、お馴染みのフグ。

IMG_2022.jpg


その後、またもやぱったりと沈黙が続く。


正午近くなって、久しぶりのアタリ。

IMG_2023.jpg

ヒラメっ子でした(^_^;)

15㎝程と小さいのでリリース。



この後、アタリも何も無く、時間だけが無情に過ぎていく。

沢山のボラが終始水面を飛び跳ねているのだけど、ボラすらダンゴに寄って来ない。


近くで魚を狙っていた猫も

使えねえな・・・・チィッとでも言ったかのように、離れていきます(^_^;)

IMG_2025.jpg

何を期待しているのか、

近寄ってくる鳥だけが荒んだわたしのこころを癒してくれます(*^^*)

IMG_2032.jpg



岸壁をのぞき見ると、ウミウシと沢山の昆布。

IMG_2026.jpg


漁師さんが沖で獲った昆布が後ろで干されていました。

IMG_2028.jpg



午後4時まで粘ってみたもの、ここまで反応が悪いとこの先釣れる気がしない。

普段滅多なことでは場所を変えることはしないのだけど、この日は我慢しきれず、もう一つのホームグラウンドである和歌山市青岸(紀の川河口)に移動しました。

あまり時間も無いので、大波止には行かず、車横付けポイントに釣り座を構える。

IMG_2033.jpg

沖の方は、そこそこの人がいますね。

この時間にいる釣り師は、明るい内は軽く流して、夜釣りでタチウオを狙うのでしょう。

IMG_2035.jpg



午後4時半過ぎに、ダンゴを投入開始。

すぐに細かいアタリあり。


だよね~、のベイビーガッシー(≧◇≦)

IMG_2038.jpg

ここは、表も裏もガシラの多い釣り場なので、予想はつきました。


小物でも、外道でも、活性が良ければ、そこそこ楽しめるのですが、この日は残念ながら後が全く続きません。

暫くして釣れたのは、毒魚ハオコゼ・・・・・だけ。

IMG_2043.jpg



日が落ちてからも暗い中しばらくダンゴを投下していましたが、全く反応無し。

IMG_2040.jpg



朝から夜まで、よく心折れず釣りを続けたと自分を褒めてやりたいです。゚(゚^∀^゚)σ。゚



そんなわけで、2018年の初釣りは、2018年初撃沈に終わりました○| ̄|_



【2018年3月28日(水)和歌山市加太港&青岸釣果】

・グーフー x 1
・ベイビーヒラメ x 1
・ベイビーガッシー x 1
・ポイズンハオコゼ x 1




次回は、多分淡水魚釣りになります(^_^;)


CFマスター
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
135位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事