トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

もらい物に助けられた料理編

みなさん、こんにちは。



「悪いことは続く」の続きではないですが、パソコンの音が全くしなくなりました(^_^;)

いろいろ試したけどダメで、そろそろ買い替えの時期なのかなって、思っています。

・・・

・・・

あまり深く考えんようにしておきます(≧◇≦)



さて、あっさり本題に入ります。

わたし思うに、

前回の記事を見た方で、

半分位の方は、わたしが小物位しか釣れなくて、チヌ3匹はもらい物であることを知っていて、

残りの半分の方は、わたしがチヌ3匹を自ら釣ったと誤解している、

と思います(*^^*)


特に、自ら釣りやる人は、他人の釣りブログを見る時、

まず写真をざっと見て、手早く釣果を確認したりしませんか?

わたしは時々やります。

そして、写真の内容や題名などから、興味度合によって、

斜め読みしたり、熟読したり、または全く読まないで記事を離れる。

そんな感じの方が多いと思います。


前回の記事では、午前中にチヌ3匹を「収穫」したと書いて、記事の最後にネタばらしをしています。

でも写真を見て、記事を最後まで読まなかった方は、わたしがチヌを3匹釣ったと誤解しているはずです(^_^;)


というわけで、誤解されたままでは良くないので、これから登場するチヌ3匹はもらい物であること、はじめに申しておきます^^


IMG_1618.jpg

今回の食材は、以下の通りです。

チヌ x 3
サンバソウ(石鯛の幼魚) x 1 ※ハリ飲みの為持ち帰り
イワシ x 5
小アジ x 6




まずはアジからいきます。

小アジのタタキ

IMG_1620.jpg

小アジ6匹の身は、全てタタキにしました。

アジ以外では、小ネギ、しょうが、青じそ、みょうがをそれぞれ細かく切って、混ぜ合わせました。

味付けは醤油のみ。(ごま油と塩の組み合わせでも美味しいです)

簡単ですが、絶品です(^O^)/



続いて、アジあらの素揚げ(骨せんべい)

IMG_1636.jpg

頭と中骨部分を素揚げにし、塩をパラパラと振って食べました。

ちょっと揚げ過ぎの感がありますが、美味しく頂きました。




残念なお持ち帰りになったサンバソウは、

シンプルな塩焼きで。

IMG_1629.jpg

生かしてリリースできないからには、美味しく食べる。

シンプルですが、ホクホク美味しく頂けました^^




イワシは、たった5匹で何を作ろうか悩みました。

もう少し数があれば、オイルサーディンにしようと思っていました。

数が少ないので、他の食材も使ってボリューム感を出せる、

アヒージョにしました。

IMG_1624.jpg

初めて作りましたが、食べる前から、旨いのは分ってました(*^^*)

よくよく考えてみれば、オイルサーディンの変化バージョンとも言えますからね。

イワシのアヒージョ・・・ありです。

旨いですよ(*^^)v




もらい物のチヌは、手間を掛けて2品作りました。


チヌを三枚に下ろして、

頭と中骨部分のアラで出汁を取りました。

IMG_1630.jpg

実は、少し前ブロ友さんに「雑味の無い出汁の取り方」を教えてもらったのです。

まだまだ「加減」が分からない部分はありましたが、それでもちゃんと美味しい出汁が取れましたよ(*^^)v

次に、その出し汁とアラのほぐし身を使って、米を炊きました。

もう一方では、身を食べやすいサイズにカットして、焼きます。

IMG_1631.jpg


それらを使ったできたのが、

チヌ丼

IMG_1633.jpg

う~ん~・・・失敗ですね(^_^;)

チヌ出汁の効いたご飯は美味しかったのですが、

切り身の皮にいい感じの焼き目を入れたいと、

(今から考えれば)十分でない温度で長く焼き過ぎました。

身から水分が飛び過ぎて、残念な感じに(^_^;)

次回はもっと上手くできると思います。




最後は、わたしの定番メニューの一つ、

アクアパッツァ

IMG_1640.jpg

まいう~(●^o^●)

レシピはこちらのページに載せています。




今回は、もらい物のおかげで助かりました。

改めて、あの時の紀州釣りのおっちゃんありがとう!(^O^)/





CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウキフカセ釣り → ヌカ切り 和歌山市青岸にて

みなさん、こんばんは。



二つ前の記事で、残念なことが二つあったことを書きました。

アニサキスアレルギー持ちになってしまったこと。

警察のお世話になったこと。


で、悪いことって、続くんですよね・・・・

その後、更に二つ(;・∀・)



一つは、うっかり水道を半日も流しっぱなしにしてしまったこと・・・

今月末に、水道料金が分かるのですが、数万円レベルになっているものと予想。

金欠に追い打ちをかけられ、辛いっす(T_T)

っていうか、完全に自分のミスなんですけどね(^_^;)

水資源の無駄遣いでもあるし、へこみました・・・・



もう一つは、方向指示器(ウインカー)点けずに急に左折突進してきた中型ダンプに轢かれそうになったこと

間一髪のところで避けることができたものの、一歩間違えれば、あの世行きでした。

珍しく激昂したわたしは、土方のおっちゃん風の運転手に、(ここには書けない様相で)怒鳴りつけましたが、意外にも素直に謝ってきた為、新聞記事にならずに済みました(^_^;)



前回のものを含めて、個々のトラブルに対して、ああすれば良かった、こうすべきだった、という思いはありますが、何ていうのでしょうか、こう立て続けに起こると、ちょっと考えてしまいます。

お隣の橿原神宮でお祓いしてもらおうか、などとも考えましたが、ちょっと違うような気もします。

わたしは、目に見えないものの存在やパワーを信じるタイプの人間ですが、何かを祓うというより、自分の生き方そのものに警告を発せられているような気がしてきます。

よく分かりませんが、ゆっくり内観してみようかと思っています・・・・




さて、本題です。

既に二十日も過ぎてしまいましたが、釣果報告です。


8月30日(水)

和歌山市青岸にて、ウキフカセ釣り、そしてヌカ切りをやりました。



奈良を出発したのは、午前5時頃。

地元のコイン精米機にて無料ヌカをゲットしようとするも精米機自体が故障中で、当然ヌカもありませんでした(T_T)

実は、当初紀州釣りをやろうと考えていたのですが、急遽ウキフカセ釣りに変更。

ウキフカセ釣りなら断然和歌山市加太港がやりやすいので、場所も自然と加太港に決定。

午前7時、加太港に到着。

いつもの「ホテルあたらしや」向かいに入る・・・・・つもりだったのだけど、入口の新しい表示をみて唖然(;゚Д゚)

門が午後6時に閉まるとのこと。

いつからこうなったのか知りませんが、以前は午後8時(冬場は午後7時)でした。

午後6時といったら、まだ明るいし、さあ最後に大物釣ったる!と気合入っている時間。

サビキ釣りの人だって夕まず目でまとまった数を釣りたい時間。

片付けの時間も考慮すると、実質午後5時半には切り上げる必要あり。

なんでこんなことになったのだろう?

おまけに以前は無かった(または目立たなかった)看板で、駐車中の事故・盗難などの責任は負わないと書いてある。

何か釣り人と漁協の間でトラブルでもあったのだろうか。

残念なことです。

この釣り場は、もう私の釣りスタイルでは使えない釣り場となってしまいました。

あとは同じ加太港の広場裏(別の漁協が管理)がありますが、7月8月は海水浴シーズンの為、駐車料金がいつもの倍なので、今回は却下。

結局、加太港は諦め、紀の川河口である青岸に向かいました。




青岸はいつもと同じような感じです。

IMG_1603.jpg

太刀魚釣り師のほとんどが引き揚げた後の時間なので、閑散としています。


せっせとコマセを作り、第一投したときは、午前8時を過ぎていました。

3投目位から、アタリが出てきましたが、まったくハリ掛りしません。

エサ取りさん達が暗躍しているようです・・・・


一時間程経ったでしょうか。

エサ取りさん、その1

サンバソウ(石鯛の幼魚)が掛かりました。

P_20170830_122704.jpg

口が小さいので、中々ハリ掛りしません。

にも拘わらず、写真の個体にはハリを飲まれた為、お持ち帰りとしました。



そして、エサ取りさん、その2

小アジ

IMG_1605.jpg



その他、35㎝を筆頭にチヌ3匹も収穫。

IMG_1606.jpg



午前中のウキフカセ釣りはパッとせず終了。


午後からは、コマセの残りに、エサ屋さんで買った紀州ヌカを足して、ヌカ切りにチェンジ。

ポイントも際から3m程のところに変更。

片手握りのヌカエサをドンドン投入していく。


すると、本命(グレ、アイゴ)は全く釣れないものの、色々な小物が掛かり、楽しませてくれました。


ウミタナゴ

IMG_1610.jpg



カワハギ

IMG_1609.jpg



チャリコ(真鯛の幼魚)

IMG_1612.jpg



ハオコゼ

IMG_1613.jpg
(小さいけど、毒魚です)



ガシラ(カサゴ)

IMG_1614.jpg



そして、最後にちょこっとサビキ釣りも(^_^;)


ウルメイワシ

IMG_1615.jpg



カタクチイワシ

IMG_1616.jpg



午後5時を過ぎるとタチウオ釣り師がドンドンやってきて、たちまち満員御礼。

IMG_1617.jpg

地味なヌカ切り釣り師は、そそくさと退散したのでした。




【2017年8月30日(水)和歌山市青岸釣果】

・アジ x 6
・サンバソウ x 5
・ウルメイワシ x 4
・ハオコゼ x 4
・カタクチイワシ x 1
・ガシラ x 1
・ウミタナゴ x 1
・チャリコ x 1
・カワハギ x 1



あれ!チヌが釣果に入ってない!?

と気が付いたアナタ :m9(^д^)っ

こんなブログを隅々まで読んで頂きありがとうございます。


実は、午前中に『収穫』したチヌ3匹は、隣のジモティおじさん(紀州釣り)に頂いたものなんです(≧◇≦)

嘘は書いてませんからね(*^^)v





CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴンズイ毒のホント

みなさん、こんにちは。


先日、九州に行ってきました。

7月5-6日に発生した九州北部の豪雨による土砂災害。

30人以上の方が亡くなった大変甚大な災害です。

今回、所属している奈良県防災士会から、ボランティア募集があったので、それに応募し福岡県朝倉市でボランティア活動をしてきました。

P_20170827_122103.jpg

いつも思いますが、自然災害の途方もないパワー、恐ろしさには圧倒されます。

大量の土砂により、家が流され、全てが飲み込まれています。

現地ボランティアセンターにて割り振り頂いた作業場所は、つい最近まで道路が閉鎖され、ボランティアが入れなかった場所とのこと。

災害発生から既に1か月半以上経過していますが、まだまだ復旧には程遠い状況に見えました。

計二日間作業を行いましたが、ボランティアができる仕事量なんて、被害全体からみたら、微々たるものです。

なので継続して、地道な作業が必要なのだと思います。

現地ではボランティアをまだまだ必要としています。

ボランティア参加したい!という方は、

被災地(福岡県朝倉市、東峰村、など)のボランティアセンターが運営するウエブサイトやFacebookページをご覧ください。

また、当方にご相談いただいても分かる範囲でアドバイスさせて頂きます。




さて、本題です。

今月の釣行、やっと明日30日に行くことになりました。

なので、今回は釣行記でなく、以前から早く報告せねば!と思っていた話です。

過去記事(こちら)で、ゴンズイ毒にやられたことを報告したことがあります。

ゴンズイには、3か所に毒棘があるのは、よく知られていますが、毒の被害を受けたときは、毒棘に刺されていなかった為、自分なりの仮説を挙げ、傷口からでも毒が沁みることがあることを書きました。

※※※※その時の仮説※※※※
1.毒棘には刺されていない。

2.患部は深爪した場所で、更にはその前のヌカ切り釣りで
  いつもより小さなハリを何度か結んだ為、
  患部である指先の更に先が少し痛くなっていた。

3.ゴンズイは現場で毒棘の処理をしなかった為、
  13匹のゴンズイを入れた袋の中で毒が拡散・沁み広がる状態になった。

4.「3」で袋中に拡散した毒が、
  皮膚が弱くなっていた「2」から沁みていった。

5.毒棘に刺されるのと同じ症状が出た。
※※※※※※※※※※※※※※


その当時は、上記仮説が正しいものと確信していました。

ところがその後、ゴンズイ毒について記載されている専門書を見て、一部間違いがあることに気が付きました。

それは、この部分↓です。

『13匹のゴンズイを入れた袋の中で毒が拡散・沁み広がる状態になった。』

正しくは、毒棘から抽出される毒が、沁み広がったのではなく、そもそもゴンズイのヌメリにも毒がある、です。

そうなんです!

ゴンズイの毒は、棘だけなく、ヌメリにも存在していたのです(゚△゚;ノ)ノ

また、棘から抽出される毒とヌメリの毒は、類似のものであることが分かっています。


従って、ゴンズイを料理する時は、釣りの現場で毒棘を落とし、

更には、手袋をつけてヌメリを落とすまでの作業を行うことが重要です。

詳しくは、クレイジーフィッシングの記事「ゴンズイ料理のポイント」を更新しましたので、そちらでもご確認ください。


以上、ご参考になれば、幸いです。




CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  
このエントリーをはてなブックマークに追加

CFマスター 終~了~!!

みなさん、こんばんは。



今日は、残念なお話を二つ。



一つ目。



前回記事で、免許証の更新をしたと書きました。

5年間何もなくてラッキー! みたいな、

ちょっとおちゃらけて、記事を書いたんですが、

つい先日、20数年ぶりに、警察のお世話になりました・・・・

一時停止違反です(T_T)

あるじゃないですか。

交差点のかなり手前にある一時停止の標識。

そこで止まっても、またすぐ止まって左右確認しなければならないところ。

わたしは、何が急に飛び出してきても即座に止まれる位の徐行で通過しました。

でも完全には止まりませんでした。

お巡りさん、物陰から見ていたんですね・・・・・

メッチャショックでした。

捕まったこともそうですが、

反則金6千円・・・和歌山釣行2回分のお金です(^_^;)

せめてもの救いは、免許証更新後であったことでしょうか。

とりあえず5年はゴールドのままで行けますしね。


今回捕まったことは残念ですが、

それにより、より安全運転を徹底しています。

もしかしたら、今のこの時期に、安全運転に徹すべき、何かがあるのかもしれません。

見えないサポーターさん達のメッセージがこめられているのかな・・・・

そう思えば、これで良かったのかも、と思えます(*^^*)





二つ目。

こちらが本題です。

CFマスター終了!!

と思うようなショックなことがありました。

ついさっき、病院で分かったことなんです。


わたし、新たに「アニサキス」にアレルギーを持ってしまいました。


アニサキスについては、その対策法を自分なりに研究して、クレイジーフィッシングサイトで公開しています。

実は、その研究課程および先日2度行われたテレビ収録後に、大量のサバを短期間に食べたんです。

研究や撮影後に使ったサバを捨てるなんて、わたしにはできません。

特に良くなかった、と自分が思うのは、実験の為に敢えて鮮度を落としたサバ(つまり身にアニサキスが侵入していたと思われる)も、もったいないとばかりに食べまくったことです。

勿論、加熱するなどして、アニサキス対策は万全でした。

生きてわたしの体内に入った虫は一匹たりとも居なかったはずです。

でも短期間に体に入れたアニサキスの数(死んだ虫)が多かったのでしょうね。

本当のところは分りませんが、原因はそんなところだと思います。


一般の人は、生きているアニサキスだけを心配すればいいんですが、

わたしは、アニサキスが生きていようが、死んでいようが、アレルギー反応を起こしてしまいます。

実は、アレルギー反応の検査をしようと思い立ったキッカケは、鮮度の落ちた鯖を食べまくっていたある日の夜、突然全身がかゆくなって蕁麻疹が出たからです。

それが丸々一日続きました。

勿論、サバなので、単なるヒスタミン中毒の可能性もありました。
(ヒスタミン中毒でもアレルギー反応に似た症状が出ることがあります)

症状が治まってからも、”もしアレルギーだと、次(アナフィラキシーショック)が怖い”という思いから、

鯖を食べずに1か月以上悶々とすごし、やっぱりアレルギー反応の血液検査を受けることに。

そして、先ほど皮膚科クリニックで衝撃の結果を聞いて、打ちひしがれたところです。

無念です・・・・

もう大好物の鯖は恐くて食べられません。

他にも大好きな鮭、アジ、イワシ、イカ、なども・・・・

どうしよう・・・

何かいい手はないだろうか・・・・




ご参考というわけではないですが、検査結果報告書の一部です。

アレルギー検査報告書

アニサキスとサバに絞って検査してもらいました。

「クラス」が2を超えてくるとアレルギー反応があると判断するらしいです。

わたしは、アニサキスについてはクラス4までいってるので、強く反応していることになります。

鯖そのものには、反応しませんでした。



皆様も私の様にならないよう、アニサキスを体内に取り込まないよう気を付けてくださいね。

その為には、やはりクレイジーフィッシングの記事「決定版!寄生虫アニサキス対策法」は、良い参考になるものと確信しております。


当方がアレルギー持ちになってしまったのは、対策を誤ったからではありません。
誤解無きようお願い致します。



あ~あ・・・・参ったなぁ・・・・・・○| ̄|_




気分転換に、釣り行ってこよ!(^O^)/





CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  

このエントリーをはてなブックマークに追加

黄色いのと黒いのの料理編

みなさん、こんばんは。



今日は、5年ぶりに運転免許の更新の為、運転免許センターへ行ってきました。

今回も無事ゴールド免許のまま行けました。

5年間ラッキーでした! ポカッ! (._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; ) ォィォィ

まあ、基本的に大人しい運転ですから。

警察のお世話になることも無いわけです。

でも事故ばかりは、他人も関係してくることなので、なんとも言えません。

そういう意味では、何事もなく来れたことは、

やっぱり「ラッキー」だったのだと思います。



高校野球の地方大会、代表が次々に決まってきています。

地方大会から応援していた「北海」(南北海道)/「木更津総合」(千葉)は厳しい戦いを勝ち抜き優勝。

奈良の智弁学園(昨年から応援)は、ベスト4まで進みました。

とりあえず、今年も甲子園へ行く理由ができました(^O^)/

楽しみですね~




さて、本題です。

先の釣行で持ち帰った魚の料理編です。

イエローチヌ x 9匹
ブラックチヌ x 1匹
キス x 1匹

kibire_chinu.jpg

いずれも小型(22-30cm)で料理が楽なサイズとも言えます。

個体が大きくなると料理も大変ですからね~

小さくても美味しい料理を作ってやる!と気合が入りました(^_^;)



まずは、キスです。

一匹(13cm)だけなので、他の魚と一色単に料理することを考えて持ち帰りましたが、やはりそれでは面白くない。

ということで、いろいろ考えた末に、お試しで3品作ってみました。


まず、身・皮・骨・頭に分解します(捌きます)。

kisuaftersubaki.jpg


身は刺身に。

皮はウロコが付いたまま塩を振って、素揚げに。

頭と骨は、同様塩を振って、骨センベイに。


こんな感じになりました。

kisu3items.jpg

刺身骨センベイは、目新しいことありませんが、

皮の素揚げは、ちょっと珍しいと思います。

これのポイントは、ウロコが付いたまま揚げることです。

そうすると全ウロコが毛羽立つようなり、食べた時の食感がサクサクしてメッチャ旨いのですよ。

是非お試しください。


今回一匹だけで作ったので、少し寂しい感じがしますが、

5匹もあれば、結構なボリューム感がでますよ。




次にブラックチヌですが、

シンプルに塩焼きにしました。

IMG_1575.jpg

「ただ置いただけ」感が強いハジカミが残念な感じがしますが、

味は普通に美味しかったですよ。

イエローチヌも数匹、同様に塩焼きにしました。




最後は、イエローチヌ(塩焼き以外)です。


その1: 酒蒸し

kibiresakamushi.jpg

小型サイズを持ち帰ったときに、よく作るのがこの酒蒸しです。

簡単なのに、激ウマなのです。

レシピは、クレイジーフィッシングに掲載(こちら)していますので、機会があれば是非お試しください。



その2: アヒージョ

kibireahijoprepare.jpg

2種類のキノコ(椎茸&シメジ)と切り身を一緒に煮込みました。


kibireahijo.jpg

味は言うまでもないのですが、

切り身がすごくフワフワで柔らかくなるので、

歯応えが無いことに対しては、好みが分かれると思います。



その3: 6種類の盛り合わせ

kibire6items.jpg

上段左から、「刺身」、「皮湯引きポン酢掛け」、「竜田揚げ」
下段左から、「骨センベイ」、「煮付け」、「カルパッチョ」

なんでこんな面倒なことをしたか、というと、

先日、大陶器市で買った皿を使ってみたかった、だけなんです(^_^;)

自宅で食べる為に、こんな面倒なことは二度としません(;'∀')

でも、なんかいい感じでしょう?(*^^*)

店で出せるな・・・と思いました(≧◇≦)


あっ、でも背ビレの骨センベイは固すぎて食えません!(+_+)






CFマスター


クレイジーフィッシング


ブログランキングに参加しています。
↓ 1クリック頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ  

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
434位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
96位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

CFマスター

Author:CFマスター
クレイジーフィッシングサイト管理人のCFマスターです。
釣り歴30年以上だけど、いつまでもへっぽこの釣行記をメインとしたブログです。
釣りの他には、料理、車中泊、寺社・仏閣、田舎暮らしなど、いろいろな分野に興味があります。
よろしくお願いします。

CF-banner200

ブログ内検索

興味のあるワードを入力して【検索】をクリック!


リンク

アクセスカウンター

 


ブログランキングに参加しています。
1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Yahoo! 天気予報

潮汐表 (tide736.net)

こちらのサイトが分かり易いです。

管理人は、釣行前には、いつも活用・お世話になっているサイトです。


→ 潮汐表サイトへ

にほんブログ村

このブログの記事画像他を表示しています。画像をクリックすると該当記事に飛びます。

Crazy Fishing 更新記事